「す」

被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持のための水痘対策

水痘とは、水痘帯状疱疹ウイルスによる感染症で、かゆみを伴う水ぶくれを特徴とします。 小児に多くみられますが、成人でも発症することがあります。感染経路は、空気感染、接触感染、飛沫感染のいずれかです。潜伏期間は10日から21日で、発症すると、発熱、頭痛、筋肉痛、食欲不振などの症状が現れます。数日後、顔や体幹に水ぶくれが現れ、次第に全身に広がります。水ぶくれは、かゆみを伴い、破れるとびらんが生じます。びらんは、かさぶたになって治癒していきますが、痕が残る場合があります。 水痘は、合併症を起こす可能性があるため、注意が必要です。 合併症としては、肺炎、脳炎、髄膜炎、血小板減少性紫斑病などが挙げられます。特に、免疫力の低下している人や、妊婦は、重症化するリスクが高いため、注意が必要です。 水痘の予防には、ワクチンが有効です。 水痘ワクチンは、生ワクチンで、1歳から12歳までの子どもに接種が推奨されています。接種後は、免疫が獲得され、水痘を発症するリスクが大幅に降低します。ただし、ワクチンを接種しても、発症する可能性はゼロではありません。そのため、ワクチン接種後も、水痘の予防対策を心がけることが大切です。
被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持について『ステロイド』について

ステロイドとは? ステロイドとは、ステロイドホルモンの総称です。ステロイドホルモンとは、コレステロールを原料として合成されるホルモンの一種で、私たちの体の中で様々な働きをしています。ステロイドホルモンには、副腎皮質ホルモン、性ホルモン、ビタミンDなどがあります。 副腎皮質ホルモンは、ストレスやケガなどの際に分泌され、抗炎症作用、免疫抑制作用、ナトリウムを保持する作用などがあります。性ホルモンは、男性ホルモンと女性ホルモンがあり、それぞれに特徴的な働きをしています。ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を促進する働きがあります。ステロイドは、私たちの体の中で重要な役割を果たしていますが、過剰に摂取すると、副作用が出る場合があります。そのため、ステロイドを服用する際は、医師の指示に従うことが大切です。
被介護者の状態について

介護者が知るべき被介護者のストレングスとは?

-ストレングスとは何か- ストレングスとは、その人の強みや長所のことです。人は誰もが強みや長所を持っています。しかし、介護者が被介護者のストレングスに目を向けずに、できないことや弱いところにばかり注目していると、被介護者は自信をなくし、意欲を低下させてしまいます。介護者は、被介護者のストレングスに目を向け、それを活かすことで、被介護者の自立を促し、介護を円滑に進めることができます。 例えば、被介護者が料理が得意であれば、介護者はそのストレングスを活かして、被介護者に食事の準備を任せてみる。これにより、被介護者は自分の能力を発揮することができ、自信につながるだけでなく、介護者の負担も軽減されます。 また、被介護者が散歩が好きな場合、散歩を日課にしてみるのもよいでしょう。散歩をすることで、被介護者は気分転換になり、ストレス解消にもつながります。さらに、散歩をすることで、筋力や体力が維持され、自立度を高めることにもつながります。 介護者は、被介護者のストレングスに目を向け、それを活かすことで、被介護者の自立を促し、介護を円滑に進めることができます。
被介護者の状態について

頭蓋について知ろう – 解剖学と機能

頭蓋とは何か? 頭蓋は、頭蓋骨で構成される頭部の骨格構造であり、脳、目、耳、鼻、口などの感覚器官を保護する重要な役割を果たしています。頭蓋骨は、頭蓋蓋と頭蓋底の2つの部分に分かれています。頭蓋蓋は、頭頂骨、前頭骨、側頭骨、後頭骨の4つの骨で構成され、頭部の最上部を覆っています。頭蓋底は、蝶形骨、篩骨、後頭骨の3つの骨で構成され、頭部の最下部を形成しています。頭蓋骨は、関節によって互いに連結されており、頭部の動きを可能にしています。
介護機器について

介護機器ストレッチャーの特徴と機能

ストレッチャーとは、病気やけがをして動けない人を移動させるために使われる医療用の機器です。患者の安全と快適性を確保するために、さまざまな機能を備えています。 ストレッチャーの主な機能は以下の通りです。 * -高さ調整- ストレッチャーの高さは、患者の身長や移動先の条件に合わせて調整することができます。これにより、患者の快適性が確保され、移動中の事故を防ぐことができます。 * -背もたれの調整- ストレッチャーの背もたれは、患者の状態に合わせて調整することができます。これにより、患者の呼吸や循環を楽にすることができます。 * -足元の調整- ストレッチャーの足元は、患者の身長に合わせて調整することができます。これにより、患者の足が快適に置かれ、足がむくむのを防ぐことができます。 * -安全ベルト- ストレッチャーには、患者の安全を確保するための安全ベルトが装備されています。これにより、患者が移動中に転落するのを防ぐことができます。 * -側壁- ストレッチャーには、患者の転落を防ぐための側壁が装備されています。これにより、患者が移動中にベッドから転落するのを防ぐことができます。
介護機器について

介護機器「スライドボード」で介助が楽になる

介護機器「スライドボード」は、介護者が高齢者や障害者を移乗させるのを助けるために使用される装置です。 スライドボードは、滑らかな表面を持つ長い板状のボードで、その上に高齢者や障害者を載せて滑らせることで、介護者が介助することができます。 スライドボードは、高齢者や障害者がベッドから車椅子に移乗したり、車椅子からトイレに移乗したりする際に使用されることが多く、介護者の負担を軽減することができます。 また、スライドボードは、高齢者や障害者が自分で移乗する際の補助としても使用することができます。
介助の技術について

介助の技術 スクイージングとは

介助の技術 スクイージングとは スクイージングとは、介助者が安全に立ち上がり、移動時に支える技術の1つです。介助者が利用者の背中から腕を回して、利用者の胴体に密着する形で支えます。この技術は、利用者が自分で立ち上がることができない場合や、移動時に不安定な場合に使用されます。スクイージングのメリットは、介助者が利用者の近くにいて、すぐに支えることができることです。また、利用者も介助者に密着しているので、安心して移動することができます。スクイージングは、介助者と利用者の信頼関係が築かれていることが重要です。介助者が利用者の状態を理解し、適切に支えることができるように、日頃からコミュニケーションをとることが大切です。
被介護者の健康維持について

膵臓の健康を維持しよう!

膵臓は人体にとって非常に重要な臓器であり、消化や血糖のコントロールなど、さまざまな役割を担っています。膵臓は、胃や腸から食べ物が送られ消 化されますが、その際に必要な消化液を分泌する役割を担っています。消化液には、タンパク質を分解するトリプシン、デンプンを分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼが含まれています。これらの消化液により、食べ物は小さな分子に分解され、栄養が吸収される準備が整います。 膵臓は、血糖値をコントロールする役割も担っています。血糖値が高い場合は、膵臓からインスリンを分泌し、血糖値を下げます。血糖値が低い場合には、膵臓からグルカゴンを分泌し、血糖値を上げます。インスリンとグルカゴンは、血糖値を一定に保つことで、細胞がエネルギーを得ることができるようにしています。 膵臓は、重曹が分泌され、中和作用によって十二指腸を保護しています。また、膵臓から分泌される重曹は、胆汁を中和し、胆石の形成を防ぐ役割も担っています。 膵臓は、重要な役割を担っている臓器ですが、アルコールやたばこなどの過剰摂取、肥満、糖尿病などは、膵臓にダメージを与え、膵炎や膵臓癌などの病気を引き起こす可能性があります。膵臓の健康を維持するためには、過度な飲酒や喫煙を避け、健康的な食生活や、適度な運動を心がけることが大切です。
被介護者の状態について

被介護者のストレスを確認しましょう

ストレスとは、心身にダメージを与える刺激のことであり、ストレッサーとは、心身にストレスを与える要因のことを言います。人は、さまざまなストレッサーを受けると、心身に負担がかかり、ストレスを感じます。ストレスを感じると、心身の状態が悪化したり、病気になりやすくなったりします。 被介護者のストレスを確認するためにも、ストレッサーとは何かを知っておくことが大切です。ストレッサーは、大きく分けて以下のように分類することができます。 ・生物学的ストレッサー病気やけが、死亡など ・心理学的ストレッサーうつ病や不安障害など、精神的な問題 ・社会的ストレッサー離婚や失業など、社会的な問題 ・環境的ストレッサー騒音や大気汚染など、環境的な問題 被介護者がストレスを抱えていないかを確認するためには、ストレッサーが何かを把握し、それを取り除くための対策を講じることが重要です。
被介護者の状態について

被介護者の睡眠障害と介護のコツ

被介護者の睡眠障害の症状と種類 被介護者の睡眠障害は、さまざまな原因によって引き起こされます。その症状は、日中過剰な眠気、夜間の不眠、中途覚醒、早朝覚醒などです。また、睡眠障害の種類は、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害などがあります。 不眠症とは、夜間の不眠が続く状態です。入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒などがあります。 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まる状態です。無呼吸状態が10秒以上続くと睡眠時無呼吸と診断されます。睡眠時無呼吸症候群は、日中過剰な眠気をもたらします。 むずむず脚症候群とは、下半身にむずむず感や痛みを感じ、動かしたくなる衝動に駆られる状態です。むずむず脚症候群は、睡眠障害を引き起こすことがあります。 レム睡眠行動障害とは、レム睡眠中に夢の内容に沿って身体を動かす状態です。レム睡眠行動障害は、けがをすることがあるので注意が必要です。
被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持に大切なスタンダードプリコーション

スタンダードプリコーションとは、医療従事者や患者などの誰もが、感染症の有無にかかわらず、常に感染予防策を実施することを意味します。これは、感染症の伝播を防ぐために、医療従事者が患者との接触時に行う基本的な感染予防策です。スタンダードプリコーションは、患者との接触時に行う基本的な感染予防策として、世界保健機関(WHO)によって推奨されています。 スタンダードプリコーションは、感染経路を遮断することで、感染症の伝播を防ぐことを目的としています。感染経路とは、感染症の原因となる微生物が、感染源から感受性のある人に移動する経路のことです。スタンダードプリコーションでは、接触感染、飛沫感染、空気感染、血液感染の4つの感染経路を遮断することを目的としています。 スタンダードプリコーションを実施することで、医療従事者や患者などの誰もが、感染症にかかるリスクを軽減することができます。また、医療機関内での感染症の伝播を防ぐことができます。
介助の技術について

介助で健側を意識することの重要性

健側とは、障害のある(または怪我をした)肢体の反対側の肢体のことです。つまり、右手が不自由な人の健側は左手であり、左足が不自由な人の健側は右足です。介護においては、介助する側のことを健側と呼びます。 介助を行う際には、健側を意識することが重要です。健側が介助動作を主導し、不自由な側を補助するようにすることで、介助される人の身体的負担を軽減することができます。また、健側を意識することで、介助動作をよりスムーズに行うことができ、介助される人の安全を確保することができます。 健側を意識するためには、まず自分の体の構造や動きを理解することが大切です。自分の体を知っていれば、介助される人の体の動きを予測し、それに合わせた介助動作を行うことができます。また、介助動作を行う際には、常に健側を意識して、健側を主導するようにしましょう。不自由な側は、健側を補助する役割を果たします。 健側を意識することで、介助動作をより効果的に行うことができます。介助される人の身体的負担を軽減し、安全を確保するためにも、健側を意識した介助を心がけましょう。
被介護者の健康維持について

睡眠時無呼吸症候群と被介護者の健康維持

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まる病気です。呼吸が止まる時間が10秒以上で、1時間に5回以上起こる場合を睡眠時無呼吸症候群と診断されます。睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠中に十分な酸素を体内に取り入れることができず、日中に強い眠気や倦怠感、集中力の低下などの症状が現れます。また、睡眠時無呼吸症候群は、心臓病や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めることもわかっています。 睡眠時無呼吸症候群の原因は、さまざまなものがあります。最も多いのは、肥満です。肥満の人は、首の周りの脂肪が多いため、気道が狭くなり、呼吸が止まりやすくなります。また、扁桃腺やアデノイドが肥大している人、鼻中隔湾曲症の人も、睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言われています。 睡眠時無呼吸症候群の治療法は、原因によって異なります。肥満が原因の場合は、ダイエットや運動で体重を減らすことが大切です。扁桃腺やアデノイドが肥大している場合は、手術で切除することがあります。鼻中隔湾曲症の場合は、手術で鼻の中を広くすることがあります。また、睡眠時無呼吸症候群の治療には、持続的気道陽圧療法(CPAP療法)という治療法がよく用いられます。CPAP療法は、鼻マスクを装着して、気道に空気圧をかけて気道を広げる治療法です。
被介護者の健康維持について

ストーマと健康維持

ここ数年、医療の進歩によりストーマを造設する手術が増えてきています。ストーマとは、腸の一部や膀胱を体外に開口させることで、老廃物を体外に出すためのルートを確保する手術のことです。これにより、腸や膀胱の機能が失われてしまった場合でも、日常生活を送ることが可能となります。ストーマには、大きく分けて2種類あります。1つは、便を排泄するための人工肛門で、もう1つは、尿を排泄するための人工膀胱です。人工肛門は、通常、腹部に造設され、人工膀胱は、通常、下腹部に造設されます。ストーマの造設は、それぞれの患者の状態や医師の判断によって行われます。 ストーマを造設することで、様々なメリットが得られます。
  • 排便や排尿のコントロールが可能になる。
  • 食事制限が少なくなる。
  • 日常生活の活動範囲が広がる。
  • 社会復帰が可能になる。
また、ストーマの造設は、合併症のリスクを軽減することにもつながります。例えば、腸閉塞や尿路感染症などのリスクが軽減されます。
介護機器について

介護機器『スロープ』について

介護機器『スロープ』について スロープとは?その役割と必要性 スロープとは、車いすやベビーカーなどの移動を容易にするために、段差を緩やかに傾けた道のことです。介護の現場では、段差を解消することで、移動の安全性を確保し、利用者の自立を支援することが重要です。スロープは、車いすやベビーカーの利用者だけでなく、高齢者や障害のある方、ケガをした方など、さまざまな方々が利用することができます。 スロープの役割は、段差を解消することで、移動を容易にすることです。段差があると、車いすやベビーカーの利用者は、段差を乗り越えなければならず、転倒や転落のリスクが高まります。スロープを設置することで、段差を緩やかに傾けることで、車いすやベビーカーの利用者が安全に移動することができるようになります。 スロープの必要性は、移動の安全性を確保し、利用者の自立を支援することにあります。介護の現場では、利用者の移動を安全に行うことが重要です。段差があると、車いすやベビーカーの利用者は、段差を乗り越えなければならず、転倒や転落のリスクが高まります。スロープを設置することで、段差を緩やかに傾けることで、車いすやベビーカーの利用者が安全に移動することができるようになります。また、スロープを設置することで、利用者が自立して移動することができるようになります。段差があると、車いすやベビーカーの利用者は、段差を乗り越えなければならず、介助者の助けが必要になります。スロープを設置することで、段差を緩やかに傾けることで、利用者が自立して移動することができるようになります。
被介護者の状態について

パーキンソン病の患者によく見られる歩行障害「すくみ足」

パーキンソン病の患者によく見られる歩行障害「すくみ足」 すくみ足とは、歩き始めるときや方向転換をしようとする際に、足が地面に張り付いてしまったかのように動きが止まってしまう症状のことです。すくみ足が起こると、転倒のリスクが高まり、日常生活に支障をきたすようになります。パーキンソン病の患者さんの約80%がすくみ足を経験すると言われており、多くの場合、薬物療法やリハビリテーションで症状を改善することができます。
介護技術について

ストーマ排泄処理の手順と注意点

ストーマ排泄処理とは、人工肛門(ストーマ)から排泄物が出たときに、その排泄物を処理する一連の手順を意味します。ストーマは、病気やけがなどによって腸の一部が切除された場合に、その切除された腸の代わりに、腹部に人工的に造設された排泄口のことです。ストーマ排泄処理は、ストーマを持つ人が日常生活を送る上で欠かせない重要なケアであり、ストーマの清潔と臭いを防ぐために適切な処理を行うことが大切です。
被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持のコツ『水分補給』

水分補給は、被介護者の健康維持において非常に重要です。高齢になると、喉の渇きを感じにくくなり、十分な水分を摂取しなくなってしまうことが多いためです。また、加齢に伴い、腎臓の機能が低下し、水分を排出する力が弱まってしまうため、体内に水分が蓄積しやすくなります。 さらに、介護を受けている方の多くは、食事や移動の制限があるため、十分な水分を摂取できなくなってしまうこともあります。そのため、被介護者の健康を維持するためには、水分補給を意識的に行うことが重要です。
介護技術について

介護技術「スポンジブラシ」とは?

介護技術として知られる「スポンジブラシ」とは、人の体を清潔に維持するためのケア技術です。スポンジブラシは、泡立てた石鹸水に浸した柔らかいスポンジを、人の体の表面に軽く押し付けて汚れを落とすことです。スポンジブラシは、高齢者や障がい者など、自分で体を洗うことが困難な人に対して行われます。 スポンジブラシは、人の体の表面を清潔に保つだけでなく、皮膚の刺激を軽減し、血行を促進し、リラックス効果をもたらすなどの効果があります。また、スポンジブラシは、人の体の表面に直接触れることで、介助者と介助される人との間に親密な関係を築くことができます。 スポンジブラシは、介助者と介助される人の双方にとって、有益なケア技術です。介助者は、スポンジブラシを行うことで、介助される人の体の表面を清潔に保ち、快適な状態を維持することができます。また、介助される人は、スポンジブラシを受けることで、体の表面を清潔に保ち、皮膚の刺激を軽減し、血行を促進し、リラックスすることができます。
被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持:水疱について

水疱とは、皮膚の最上層が下層から剥がれてできる袋状の膨疹のことです。水疱は、摩擦、火傷、凍傷、日焼け、特定の化学物質への接触など、さまざまな原因で発生します。水疱は、透明または白色の液体で満たされ、痛みを伴うこともあります。水疱は、一般的に数週間で自然治癒しますが、感染症を起こしたり、皮膚に永続的な損傷を与える可能性もあります。 水疱には、2つの種類があります。真皮水疱と表皮水疱です。真皮水疱は、皮膚の最下層である真皮にできる水疱です。真皮水疱は、通常、水疱が大きく、痛みを伴い、治癒するのに数週間かかります。表皮水疱は、皮膚の最上層である表皮にできる水疱です。表皮水疱は、通常、水疱が小さく、痛みを伴わず、数日で治癒します。 水疱は、さまざまな原因で発生する可能性があります。最も一般的な原因は、摩擦、熱、冷たさ、特定の化学物質への接触などです。摩擦は、皮膚が他の表面と擦れることで発生します。熱は、火傷や日焼けによって発生します。冷たさは、凍傷によって発生します。特定の化学物質への接触は、水疱を引き起こす可能性があります。
介護技術について

介護の用語解説 → スーパーバイザーとは

スーパーバイザーとは? スーパーバイザーとは、介護サービスの提供において、職員の指導・管理・評価を行うことを主な任務とする職種です。介護現場においては、ケアマネージャーや介護福祉士、ヘルパーなど、さまざまな職種の職員が働いています。スーパーバイザーは、これらの職員の業務を監督し、指導を行い、評価を行います。 スーパーバイザーの主な役割は、介護サービスの質の向上と職員の育成です。介護サービスの質の向上のためには、職員の業務を監督し、指導を行う必要があります。また、職員の育成のためには、職員の業務を評価し、フィードバックを行う必要があります。 スーパーバイザーは、介護現場において重要な役割を果たしています。介護サービスの質の向上と職員の育成を行うことで、利用者の満足度を高め、介護現場の活性化に貢献しています。
被介護者の状態について

寝たきり・パーキンソン病での筋固縮の概要

筋固縮とは、筋肉が常に収縮した状態となって、関節を曲げたり伸ばしたりすることが困難になる状態をいいます。寝たきりやパーキンソン病では、筋固縮が起こりやすいことが知られています。 筋固縮には、様々な症状が現れます。最も多いのが、筋肉が硬くなることです。これにより、関節を曲げたり伸ばしたりすることが困難になります。また、痛みやこわばり、疲労感などの症状が現れることもあります。 筋固縮は、寝たきりの原因となることもあります。寝たきりになると、筋肉が動かなくなり、筋固縮が起こりやすくなります。また、筋固縮は、パーキンソン病の症状の一つでもあります。パーキンソン病では、脳の神経細胞が変性して、運動機能が低下します。このため、筋固縮が起こりやすくなります。 筋固縮は、様々な治療法があります。薬物療法、理学療法、作業療法などがあります。薬物療法では、筋固縮を緩和する薬剤が使用されます。理学療法では、筋肉を動かすための訓練を行います。作業療法では、日常生活動作を行うための訓練を行います。 筋固縮は、寝たきりやパーキンソン病の症状の一つです。様々な症状が現れ、日常生活に支障をきたすこともあります。しかし、薬物療法、理学療法、作業療法など、様々な治療法があります。適切な治療を受けることで、筋固縮を改善し、日常生活をより快適に過ごすことができます。
被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持に水溶性食物繊維を

水溶性食物繊維とは何か 水溶性食物繊維は、水に溶けやすい種類の食物繊維であり、水と共に胃や腸の中でゲル状の物質を形成します。このゲル状の物質が、糖の吸収を遅らせたり、コレステロールを吸着して体外に排出したりする効果があります。また、水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。
介護制度について

介護制度における『スクリーニング』

介護制度における「スクリーニング」とは、介護が必要な状態にあるかどうかを確認するための評価のことです。スクリーニングは、介護が必要な状態にある人を早期に発見し、必要な支援につなぐことを目的としています。介護制度では、スクリーニングは介護保険法に基づいて行われており、介護保険の対象となる人は全員、スクリーニングを受ける必要があります。 スクリーニングは、主に自治体や介護保険施設で行われており、介護保険の対象となる人がどのような状態にあるかを確認するために、健康状態や生活状況、社会経済的な状況などを調査します。スクリーニングの結果、介護が必要な状態にあると判断された場合は、介護保険の給付を受けることができます。 スクリーニングは、介護が必要な状態にある人を早期に発見し、必要な支援につなぐことで、介護が必要な人のQOLを改善し、介護者の負担を軽減することを目的としています。また、介護保険の給付を適切に行うためにも、スクリーニングは重要な役割を果たしています。