認知症

被介護者の状態について

認知症における周辺症状とは

認知症における周辺症状とは、認知機能の低下以外の、認知症によくみられる症状のことです。 例えば、不眠、食欲不振、徘徊、幻覚、妄想、抑うつ、不安、攻撃性などが挙げられます。周辺症状は、認知症の進行に伴って出現するだけでなく、初期の段階からみられることもあります。周辺症状は、認知症の人の生活の質を低下させ、介護者の負担を増大させることがあります。また、周辺症状は、認知症の診断や治療の妨げになることがあります。 認知症における周辺症状は、脳の変性によって引き起こされると考えられています。脳の変性によって、認知機能が低下し、周辺症状が出現するのです。周辺症状の程度は、認知症の進行度合いによって異なります。認知症が進行するにつれて、周辺症状は強くなり、多くなります。 認知症における周辺症状は、薬物療法や非薬物療法によって治療することができます。薬物療法では、抗精神病薬や抗うつ薬などが使用されます。非薬物療法では、認知症ケア、介護者の支援、環境調整などが行われます。認知症における周辺症状は、早期に発見して治療することが大切です。早期に治療を開始することで、周辺症状を軽減し、認知症の人の生活の質を向上させることができます。
被介護者の状態について

認知症高齢者による認知症高齢者の介護『認認介護』

認認介護とは、認知症の高齢者が、同じように認知症の高齢者に対し介護を行うことです。正式には「認知症高齢者の認知症高齢者による介護」と言います。家族や親族同士で行うケースがほとんどですが、施設や事業所内などで、入所者や利用者同士の間で行われることもあります。 認認介護の最大の特徴は、介護者と被介護者双方が認知症であることです。そのため、介護者が被介護者の認知症を理解し、尊重した介護ができると言われています。また、双方が認知症であることで、お互いに共感したり、助け合ったりできる面もあります。
被介護者の状態について

認知症について知っておきたいこと

認知症とは、思考、記憶、理解力などの脳機能が低下することで、日常生活に支障をきたす病気です。認知症は、加齢によるものや、脳卒中、頭部外傷、アルツハイマー病、パーキンソン病など、さまざまな原因で起こります。認知症の症状は、人によって異なりますが、記憶障害、判断力の低下、言語障害、行動の変化などがみられます。認知症は、進行性のため、症状は徐々に悪化していきます。 認知症は、早期に発見して治療することで、症状の進行を遅らせることができます。そのため、物忘れや判断力の低下などの症状がみられたら、早めに医療機関を受診することが大切です。認知症の治療法は、原因によって異なりますが、薬物療法、リハビリテーション、介護などがあります。認知症は、決して治る病気ではありませんが、適切な治療と介護を受けることで、症状の進行を遅らせ、日常生活を維持することが可能です。
被介護者の状態について

失行とは?原因・症状・リハビリテーション

失行とは、運動遂行能力を遂行する過程で生じる障害のことです。失行は、脳の損傷によって引き起こされることが多く、運動神経の損傷とは異なります。失行があると、物をうまく扱えない道具の使い方を忘れる衣服の着脱が難しいなどの症状が現れます。失行は、脳の損傷の位置や程度によって、様々な症状が現れます。 失行は、脳卒中、外傷性脳損傷、脳腫瘍などの脳の損傷によって引き起こされることが多く、加齢や神経変性疾患によっても起こる可能性があります。失行の症状は、損傷した脳の部位や程度によって異なりますが、運動を行うための計画を立てることが難しい運動を正しく実行することができない運動を完了することができないなどの症状が現れることが多いです。 失行の治療法は、失行の原因となっている疾患の治療を行うことと、失行の症状を改善するためのリハビリテーションを行うことの2つが主となります。失行のリハビリテーションでは、運動機能の回復日常生活動作の訓練認知機能の改善などを行います。失行のリハビリテーションは、早期に開始することが重要です。
被介護者の状態について

せん妄について知ろう!

せん妄とは、意識レベルが低下し、短期記憶や注意などが障害される急性の一過性の脳機能障害です。せん妄は通常、数日から数週間で改善しますが、場合によっては数ヶ月から数年続くこともあります。せん妄は、人々が病院に入院しているときや、手術を受けたときなどに起こりやすくなります。せん妄は高齢者に多く見られますが、若年者でも起こり得ます。 せん妄の症状には以下のようなものがあります。 * 意識の低下 * 短期記憶の障害 * 注意力の低下 * 混乱 * 幻覚 * 妄想 * 不穏 * 焦燥 などがあります。 せん妄は、他の病気や薬の副作用によって引き起こされることが多いため、せん妄の症状が現れた場合は、すぐに医療機関を受診することが大切です。
被介護者の状態について

パーキンソン病とは?被介護者の状態と介護

パーキンソン病とは、脳内の神経細胞が減少して起こる進行性の神経変性疾患です。ドーパミンという神経伝達物質が減少することで、運動障害、姿勢障害、自律神経障害などの症状が現れます。パーキンソン病は、60歳以上の高齢者に多く発症し、男性に多い傾向があります。 パーキンソン病の症状は、ふるえ、動作緩慢、筋固縮、姿勢障害などです。ふるえは、静止時に手がふるえることが多いですが、歩行時や動作時にもふるえが現れることがあります。動作緩慢は、動作が遅くなり、動作を開始するのが難しくなります。筋固縮は、筋肉が硬くなり、関節の動きが制限されます。姿勢障害は、猫背や前かがみの姿勢になり、転倒しやすくなります。 パーキンソン病の治療法は、現在のところ確立されていません。しかし、薬物療法、リハビリテーション、外科療法などにより、症状を軽減することが可能です。薬物療法では、ドーパミンの補充薬やドーパミンの働きを助ける薬などが使用されます。リハビリテーションでは、運動療法、作業療法、言語療法などにより、運動機能や日常生活動作の改善を図ります。外科療法では、脳深部刺激療法や迷走神経刺激療法などにより、症状をコントロールします。
被介護者への支援について

認知症カフェでできること

認知症カフェとは、認知症の人とその家族、地域住民などが集い、交流する場です。認知症について学び、理解を深め、偏見や差別をなくすことを目的としています。また、認知症の人とその家族が孤立することなく、社会の中でつながりを持って生活できるように支援しています。 認知症カフェは、全国各地にあります。運営形態は様々ですが、一般的には、認知症の人とその家族、地域住民が自由に集い、お茶を飲みながら交流する場です。また、認知症について学び、理解を深めるための講演会や勉強会、音楽療法やアートセラピーなどのプログラムも行われています。 認知症カフェは、認知症の人とその家族にとって、とても居心地の良い場所です。認知症の人も、地域住民も、みんなが対等に交流することができます。また、認知症について学び、理解を深めることで、認知症の人への偏見や差別をなくすことができます。
被介護者の健康維持について

経管栄養:被介護者の健康維持のために

経管栄養被介護者の健康維持のために 経管栄養とは? 経管栄養とは、経口摂取が困難な方に対して、鼻や口からチューブを挿入して、胃や腸に直接栄養を届ける方法です。 さまざまな疾患や障害によって、経口摂取が困難になることがあります。そのような場合に、経管栄養によって栄養を補給することで、被介護者の健康を維持することができます。経管栄養は、医師や看護師などの医療従事者によって行われます。また、在宅で経管栄養を行う場合には、介護者が十分な知識と技術を身につける必要があります。 経管栄養は、経鼻胃管、経口胃管、胃ろう、腸ろうなど、さまざまな方法があります。経鼻胃管は、鼻から胃までチューブを挿入する方法です。経口胃管は、口から胃までチューブを挿入する方法です。胃ろうは、胃に直接穴をあけて、そこからチューブを挿入する方法です。腸ろうは、小腸に直接穴をあけて、そこからチューブを挿入する方法です。経管栄養を行う方法は、被介護者の状態によって異なります。
被介護者の状態について

進行性核上性麻痺とは?原因や症状、治療法を解説

進行性核上性麻痺PSP)とは、大脳の中で体の動きやバランスを調整する役割を担う、脳幹と中脳の神経細胞が徐々に失われる進行性の神経疾患です。PSPの患者は、歩行やバランス障害、眼球運動の異常、嚥下障害などの症状が現れます。PSPの原因は不明ですが、遺伝的要因、環境要因、加齢などの要因が関係していると考えられています。PSPの治療法は確立されておらず、対症療法が中心となります。
被介護者の状態について

理解しにくい病気「正常圧水頭症」

- 理解しにくい病気「正常圧水頭症」 -# 正常圧水頭症とは 正常圧水頭症とは、脳室と呼ばれる脳の中の空間に水が溜まることで、脳が圧迫されてさまざまな症状を引き起こす病気です。水頭症には、乳幼児に多い「乳児水頭症」や、交通事故などの外傷後に起こる「外傷性水頭症」などがありますが、正常圧水頭症は、それらとは異なり、脳の圧力が正常か低くても起こるため、「正常圧水頭症」と呼ばれています。原因は不明なことが多いですが、脳の老化、脳梗塞、脳出血、髄膜炎、外傷などが原因となる場合があります。
被介護者の状態について

知っていますか?MMSEって?

認知症とは、記憶や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす状態です。認知症には、アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症など、様々な種類があります。 認知症の診断は、問診、身体検査、血液検査、脳画像検査などを組み合わせて行われます。その中でも、認知症の診断に広く用いられているのがMMSE(Mini-Mental State Examination)です。 MMSEは、1975年にアメリカのFolsteinらが開発した、認知症のスクリーニング検査です。MMSEは、簡単な質問に答えることで、認知機能を評価します。MMSEの満点は30点で、24点未満の場合、認知症が疑われます。 認知症とMMSEの関係性は、MMSEのスコアと認知症の重症度が正の相関関係にあることです。つまり、MMSEのスコアが低いほど、認知症の重症度が高い傾向にあります。 MMSEは、認知症の診断に有用な検査ですが、認知症の確定診断には、医師による総合的な判断が必要です。
被介護者の状態について

若年性認知症とは何か?

-# 若年性認知症とは何か? 若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症のことです。 認知症は、脳の機能が低下し、日常生活に支障をきたす病気です。若年性認知症は、認知症全体の約5%を占めており、その数は増加傾向にあります。 -# 若年性認知症の概要 若年性認知症は、65歳未満で発症する認知症のことです。若年性認知症には、アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。若年性認知症の原因は、加齢による脳の萎縮や脳血管障害、遺伝などです。若年性認知症の症状は、物忘れ、判断力の低下、遂行機能の障害などです。若年性認知症の治療法は、進行を遅らせるための薬物療法や、認知機能を改善するためのリハビリテーションなどがあります。
介護制度について

介護における契約締結審査会とは?

介護における契約締結審査会とは? 介護保険制度において、介護サービス事業者が要介護者との間で契約を締結する場合、その契約が適正かつ合理的に行われているかどうかを審査する機関です。審査会は、都道府県知事が設置し、委員は、介護保険制度に精通した者、介護サービス事業者の代表者、要介護者または要介護者の家族の代表者などから構成されます。 契約締結審査会の概要 契約締結審査会は、介護サービス事業者が要介護者との間で契約を締結しようとする場合、その契約書を審査し、適正かつ合理的に行われているかどうかを判断します。審査会は、契約書の内容、要介護者の同意の有無、介護サービス事業者の資質などを審査項目としています。 審査会は、契約書に不備がある場合や、要介護者の同意が得られていない場合、介護サービス事業者の資質に問題がある場合などには、契約の締結を認めないことがあります。また、審査会は、契約書の内容に問題がある場合や、介護サービス事業者の資質に問題がある場合などには、契約書の内容を変更するよう指導したり、介護サービス事業者の資質向上のための措置を講じたりすることがあります。 契約締結審査会は、介護保険制度の適正な運用を確保するために重要な役割を果たしています。審査会は、介護サービス事業者が要介護者との間で契約を締結する際に、適正かつ合理的な手続きを踏んでいるかどうかを審査し、契約の適正性を確保しています。また、審査会は、介護サービス事業者の資質向上のための措置を講じることで、介護サービスの質の向上を図っています。
被介護者の状態について

若年性認知症とは?原因・症状・介護サービス

若年性認知症とは、65歳未満で認知症を発症する疾患です。認知症とは、記憶力や判断力などの認知機能が低下し、日常生活に支障をきたす状態のことをいいます。若年性認知症は、認知症全体の約5~10%を占めるとされており、近年では増加傾向にあります。 若年性認知症の原因は、加齢による脳の老化とは異なります。若年性認知症の原因としては、遺伝的要因、血管性疾患、外傷、感染症、薬物乱用、アルコール依存症などがあげられます。また、ダウン症候群や自閉症スペクトラム障害などの発達障害を持つ人も、若年性認知症を発症するリスクが高いといわれています。
被介護者への支援について

被介護者への音楽療法の効果とは?

音楽療法とは、音楽を用いて心身の健康を改善・回復・維持することを目的とした音楽の利用法です。音楽療法は、主に医療や福祉の現場で行われ、音楽を聴いたり、歌ったり、演奏したりすることで、患者や利用者の心身のリラックスや、ストレスの軽減、痛みや不安の緩和、気分の改善などの効果が期待されています。 音楽療法は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、欧米で発展したと言われています。当初は、精神疾患や知的障害を持つ人々の治療の一環として利用されていましたが、近年では、がん患者や心臓疾患患者、認知症患者などの治療にも広く利用されるようになりました。 音楽療法の効果については、多くの研究が行われていますが、まだ十分なエビデンスが得られていないものもあります。しかし、音楽療法は、患者や利用者の心身の健康にプラスの影響を与える可能性があるとされています。
被介護者の状態について

ピック病について知ろう

ピック病とは、認知症の一種で、前頭側頭型の変性性認知症に分類されます。この病気は進行性で治癒の可能性がなく、ゆっくりと進行しますが、進行すると日常生活に支障をきたすようになります。 ピック病は60 歳以上の人に多く発症し、男性よりも女性に多く見られます。この病気の原因は完全には解明されていませんが、遺伝的素因や環境要因が関係していると考えられています。 ピック病の症状は、他の認知症の症状と似ています。初期症状としては性格や行動の変化言語障害記憶障害などが挙げられます。進行すると意思疎通が困難になり、日常生活を送ることができなくなります
介護施設について

特別養護老人ホームって?

特別養護老人ホームとは、介護を必要とする高齢者が入所し、食事や入浴などの日常生活の世話や、機能訓練などの医療や介護を受けることができる施設です。入居するためには、要介護認定を受けていることが必要です。また、特別養護老人ホームは、社会福祉法に基づいて地方自治体が設置する公的施設と、社会福祉法人や民間企業が設置する民間施設の2種類があります。 公的施設は、自治体が運営する施設で、利用料金は自治体が定めた基準に基づいて決められています。民間施設は、社会福祉法人や民間企業が運営する施設で、利用料金は施設によって異なります。特別養護老人ホームは、原則として要介護認定を受けている高齢者が入居できますが、施設によっては、要支援1・2の高齢者が入居できる場合もあります。入居するためには、入所申込書を施設に提出する必要があります。入所申込書には、氏名や住所、介護認定を受けているかどうかの情報、介護が必要な理由などを記載します。入所申込書を提出すると、施設から面談の通知が届きます。面談では、施設の職員が入居者と家族の状況をヒアリングします。面談の結果、入居が認められれば、入居日と入居費用を通知されます。入居時には、入居金と保証金を支払う必要があります。入居金は、入居時に支払うお金で、保証金は、入居中に発生した損害を補填するためのものです。
介護制度について

定期巡回・随時対応型訪問介護看護:離れて暮らす認知症の方を支えるサービス

- 定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは? 定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは、認知症の方とその家族を支えるサービスです。 介護スタッフが定期的に自宅を訪問し、日常生活動作のお手伝いや認知症 ケア、健康管理などを行います。また、随時対応型訪問介護看護では、利用者や家族からの連絡に応じて、必要なときに介護スタッフが訪問します。 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、離れて暮らす認知症の方とその家族を支えるために、厚生労働省が推進するサービスです。介護スタッフの定期的な訪問により、認知症の方の生活状況を把握し、必要なケアやサービスを調整することができます。また、随時対応型訪問介護看護では、利用者や家族からの連絡に応じて、必要なときに介護スタッフが訪問するため、安心して生活を送ることができます。
被介護者の状態について

痴呆症とは?その言葉と認知症の関係について

痴呆症とは、脳の機能が低下して、記憶力、思考力、判断力などの認知機能が障害されてしまう病気の総称です。痴呆症は、加齢に伴う脳の機能低下によって起こるものが多いのですが、脳卒中や脳腫瘍、外傷などの脳の損傷によって起こる場合もあります。
痴呆症には、アルツハイマー型痴呆症、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などの種類があります。アルツハイマー型痴呆症は、痴呆症の中でもっとも多くみられる種類で、脳の神経細胞が死滅して脳の萎縮が進行する病気です。血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中によって脳の血管が障害されることで起こる認知症です。レビー小体型認知症は、レビー小体という異常なたんぱく質が脳に蓄積されることで起こる認知症です。前頭側頭型認知症は、前頭葉と側頭葉が萎縮する病気です。
被介護者への支援について

クローズドクエスチョンの活用で介護の質を向上

クローズドクエスチョンとは、回答者の選択が限定された質問のことです。クローズドクエスチョンの例としては、「どちらが好みですか?」「いつからですか?」「どのくらいですか?」などがあります。 クローズドクエスチョンは、介護の現場で広く活用されています。介護の現場でクローズドクエスチョンを活用するメリットは、以下の3つです。 1つ目は、介護を受ける方の意思確認がしやすいことです。介護を受ける方が意思表示が難しい場合でも、クローズドクエスチョンを活用することで、介護を受ける方の意思を確認することができます。 2つ目は、介護を受ける方の負担を軽減できることです。クローズドクエスチョンは、回答者の選択が限定されているため、介護を受ける方は、質問に答える負担を軽減することができます。 3つ目は、介護職員の業務の効率化を図ることができることです。クローズドクエスチョンを活用することで、介護職員は、介護を受ける方の意思確認をスムーズに行うことができ、業務の効率化を図ることができます
介護制度について

介護制度について学ぶ:地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムとは、介護が必要な高齢者や障害者が住み慣れた地域で自立した生活を営むことができるように、医療、介護、福祉、住まい、生活支援などのサービスを総合的に提供するシステムのことです。 地域包括ケアシステムは、高齢者や障害者が地域で安心して暮らすことができるようにするため、医療、介護、福祉、住まい、生活支援などのサービスを総合的に提供するシステムです。このシステムは、高齢者や障害者が地域で自立した生活を営むことができるように、様々なサービスを連携・協働させて提供することを目指しています。 地域包括ケアシステムでは、医療、介護、福祉、住まい、生活支援などのサービスを総合的に提供することで、高齢者や障害者が地域で安心して暮らすことができるようにしています。このシステムは、高齢者や障害者が地域で自立した生活を営むことができるように、様々なサービスを連携・協働させて提供することを目指しています。
被介護者の状態について

歩き回りとは?認知症の周辺症状(BPSD)のひとつ

歩き回りとは、認知症の周辺症状(BPSD)のひとつで、目的もなく歩き回ったり、落ち着きなく動き回ったりする状態を指します。認知症の進行に伴い、脳の障害によって自律神経系の働きが低下することで、睡眠障害や排泄障害、食欲不振などさまざまな周辺症状が現れます。その中でも、歩き回りは、認知症の周辺症状の中で最も頻度の高い症状の一つです。 歩き回りの症状は、認知症の種類や進行度によって異なります。初期の段階では、単に落ち着きがなくなって歩き回ったり、同じところをぐるぐると歩き回ったりすることがあります。また、夜間に歩き回ることが多く、睡眠障害を引き起こすこともあります。進行が進むと、歩き回りが激しくなり、徘徊につながることもあります。徘徊は、認知症の周辺症状の中でも、特に危険な症状の一つです。
被介護者の健康維持について

被介護者のメンタルヘルスを保持するコツ

近年、日本において高齢者が増加しており、それに伴い介護が必要な人の数も増加しています。介護は、肉体的な負担だけでなく、精神的な負担も大きいため、被介護者のメンタルヘルスを保持することが重要です。 メンタルヘルスは、私たちの思考、感情、行動に影響を与えるものであり、私たちの幸福度や生活の質に大きく関わっています。メンタルヘルスが良好な人は、ストレスに強く、問題を解決する能力が高く、他人との良好な関係を築くことができます。反対に、メンタルヘルスが不良な人は、ストレスに弱く、問題を解決する能力が低く、他人との良好な関係を築くことが困難になります。 介護を必要とする人は、身体的な疾患や障害を抱えていることが多いため、メンタルヘルスを損なうリスクが高くなります。介護者は、被介護者のメンタルヘルスを保持するために、被介護者の話をよく聞き、共感することが大切です。また、被介護者の自律性を尊重し、できることは自分でやらせるようにすることも大切です。さらに、被介護者が社会とのつながりを保てるように、外出を促したり、趣味やボランティア活動に参加できるようサポートすることも大切です。
被介護者の状態について

N式老年者用日常生活動作能力評価尺度とは?

N式老年者用日常生活動作能力評価尺度とは? N式老年者用日常生活動作能力評価尺度は、老年者の日常生活動作能力を総合的に評価するための尺度です。1978年に、国立健康栄養研究所の難波רוש子氏によって開発されました。 N式老年者用日常生活動作能力評価尺度の概要 N式老年者用日常生活動作能力評価尺度は、「食事」「更衣」「入浴」「排泄」「歩行」「移動」「整容」「趣味活動」の8項目について、それぞれ5段階で評価します。5段階の評価は、「自立している」「多少介助が必要」「介助が必要」「全介助が必要」「全介助が必要で、介助者が危険を感じる」となっています。 N式老年者用日常生活動作能力評価尺度の合計点は、0~40点です。合計点が20点以上であれば、老年者の日常生活動作能力は低下していると判定されます。 N式老年者用日常生活動作能力評価尺度は、老年者の日常生活動作能力を客観的に評価することができる尺度です。老年者の日常生活動作能力を評価する必要がある場合に、N式老年者用日常生活動作能力評価尺度を使用することがあります。