脳卒中

被介護者の状態について

被介護者の状態について – 失認

被介護者の状態について - 失認

失認とは?

失認とは、認知症の症状の一つであり、視覚や聴覚などの感覚は正常なのに、認識する能力が低下する病気のことです。そのため、物を見ても何なのか理解できなかったり、人の顔を見てもだれかわからなくなったり、音声を聞いても何を言っているのか理解できなかったりという症状が現れます。 失認には、さまざまな種類があり、症状もそれぞれ異なります。最も多い失認は、視覚失認です。視覚失認では、物を見ても何なのか理解できなくなります。例えば、コップを見てもコップだと認識できず、ただの丸い物体と認識したりします。また、聴覚失認では、音声を聞いても何を言っているのか理解できなくなります。例えば、人の話を聞いても何を言っているのか理解できず、ただの音声として認識したりします。嗅覚失認では、匂いをかいでも何の匂いか理解できなくなります。例えば、花の匂いをかいでも、ただの良い匂いと認識したりします。触覚失認では、物に触っても何なのか理解できなくなります。例えば、人の手を触っても、ただの手と認識したりします。
被介護者の状態について

脳血管障害を知る

脳血管障害とは、脳の血管が詰まったり、破れたりして、脳に血液が流れなくなる病気です。脳血管障害には、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3種類があります。 脳梗塞は、脳の血管が詰まって脳細胞に栄養と酸素がいかなくなる病気です。脳出血は、脳の血管が破れて脳内に血液が流れ出す病気です。くも膜下出血は、脳を包むクモ膜の下に血液が流れ込む病気です。 脳血管障害は、突然発症することが多く、命に関わることもあります。また、脳血管障害の後遺症で、半身麻痺や言語障害、認知症になることもあります。 脳血管障害の発症を防ぐためには、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を予防することが大切です。また、定期的に健康診断を受けて、生活習慣病の早期発見・早期治療を心がけることも重要です。
被介護者の状態について

介護状態と吃音

吃音とは、言葉を発する際に滑らかさに欠ける状態を指します。吃音は、子供の発音発声の習得過程で頻繁に見られるものですが、多くは成長に伴って自然に改善されていきます。しかし、中には大人になっても吃音が続く人もいます。吃音の症状には、言葉の発音の途中に詰まる、繰り返す、引き伸ばすなどがあります。吃音は、社会生活に支障をきたすこともあるため、治療が必要な場合があります。吃音の治療には、薬物療法、言語療法、心理療法などがあります。言語療法では、正しい発音や発声の方法を練習したり、吃音に対する不安や恐怖心を軽減するためのトレーニングを行ったりします。心理療法では、吃音に対する考え方や受け止め方を変えることで、吃音の症状を改善することを目指します。
被介護者の状態について

昏睡とは?状態と原因について

昏睡とは、意識レベルが低下し、外部からの刺激に反応しない状態のことです。昏睡状態は、脳の損傷や機能障害によって引き起こされます。昏睡は、一時的なものから長期的なものまで、さまざまな期間続く可能性があります。 昏睡状態は、重症度によっていくつかの段階に分けられます。最も軽い段階は、けいれんや意識消失などの症状が出る「昏迷状態」です。次に重い段階は、「昏睡状態」です。昏睡状態は、意識がなく、外部からの刺激に反応しません。最も重い段階は、「植物状態」です。植物状態は、昏睡状態が長期化し、脳の回復が見込めなくなった状態です。 昏睡状態の原因は、脳の損傷や機能障害によって引き起こされます。脳の損傷は、頭部外傷、脳卒中、脳腫瘍などによって引き起こされる可能性があります。脳の機能障害は、低酸素症、低血糖症、中毒などによって引き起こされる可能性があります。
被介護者の状態について

被介護者の状態について『患側』について

患側とは、脳卒中や交通事故などの病気やけがによって、身体の片側が麻痺したり、感覚障害が出たりする状態のことをいいます。患側に対になるのが健側で、こちらは麻痺や感覚障害がない側のことを指します。 患側は、脳卒中や交通事故などの病気やけがによって、脳や脊髄に損傷が生じることが原因で起こります。脳や脊髄には、身体の各部位を動かすための命令を伝える神経が走っていますが、脳や脊髄に損傷が生じると、この神経がうまく機能しなくなり、身体の片側が麻痺したり、感覚障害が出たりするようになります。 患側の症状は、病気やけがの種類や程度によって異なります。脳卒中では、脳の血管が詰まったり、破れたりすることで脳細胞が障害を受け、患側の手足が麻痺したり、言葉がうまく話せなくなったりすることがあります。交通事故では、頭部に強い衝撃を受けて脳が損傷し、患側の手足が麻痺したり、感覚障害が出たりすることがあります。 患側は、身体機能や日常生活に大きな影響を与えることがあります。患側の手足が麻痺していると、歩行や食事、排泄などの動作が難しくなります。また、患側に感覚障害があると、痛みや熱さ、冷たさなどの感覚が鈍くなったり、なくなったりすることがあります。患側は、身体機能や日常生活に大きな影響を与えるため、リハビリテーションによって患側機能を回復させることが重要です。
被介護者の状態について

半側空間無視とは?脳卒中による認知障害

半側空間無視とは、脳卒中などにより脳の一方が損傷して視野の半分が見えにくくなる障害です。片側空間無視とは脳卒中の患者が、視野の半分を見えなくなり、その結果、その半分に存在する物や人を無視してしまう症状です。脳卒中は、脳の特定の領域への血流が途絶えることで起こる病気であり、脳卒中の被害を受けた領域に応じて、さまざまな症状が現れます。言語障害や運動障害、感覚障害など、その多くは目に見える形ですが、中には、半側空間無視のように目に見えにくい症状もあります。
被介護者の状態について

脳出血ってどんな病気?介護保険の対象になるの?

脳出血とは、脳の血管が破れて出血が起こる病気です。脳卒中のうち、約15%を占めています。脳出血は、脳のどの部位に出血が起こるのかによって、症状が異なります。 脳出血の主な症状は、以下のようなものがあります。 ・突然の頭痛 ・吐き気や嘔吐 ・意識障害 ・片麻痺 ・言語障害 ・視力障害 脳出血は、命に関わる病気です。脳出血を起こしたら、すぐに救急車を呼んで病院を受診する必要があります。
被介護者の状態について

脳卒中とは?その症状と治療法

脳卒中の種類 脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破裂したりすることで、脳に十分な血液が行き渡らなくなる病気です。脳卒中には、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3種類があります。 脳梗塞は、脳の血管が詰まってしまうことで起こります。脳梗塞の原因には、動脈硬化、高血圧、糖尿病、心房細動などがあります。脳梗塞が起こると、脳の細胞が壊死してしまい、様々な後遺症を残すことがあります。 脳出血は、脳内の血管が破れて出血することで起こります。脳出血の原因には、高血圧、動脈硬化、脳動脈瘤などがあります。脳出血が起こると、脳内に出血が広がり、脳の細胞を圧迫して壊死させてしまいます。脳出血は、脳梗塞よりも重症化しやすい病気です。 くも膜下出血は、脳の表面を覆うクモ膜の下で出血が起こる病気です。くも膜下出血の原因には、脳動脈瘤の破裂、外傷などがあります。くも膜下出血が起こると、頭痛、嘔吐、意識障害などの症状が現れます。くも膜下出血は、早期に治療しないと死亡する危険性が高い病気です。
被介護者の状態について

グラスゴー・コーマ・スケール:被介護者の状態を評価するツール

グラスゴー・コーマ・スケール被介護者の状態を評価するツール グラスゴー・コーマ・スケールとは何か? グラスゴー・コーマ・スケール(GCS)は、被介護者の意識レベルを評価するために使用される臨床評価ツールです。GCSは、1974年にスコットランドのグラスゴーにある南グラスゴー大学病院の Bryan Jennett と George Teasdale によって開発されました。 GCS は、被介護者の眼の開き、言語、運動能力を評価する3つの主要なカテゴリーで構成されています。眼の開きには、自発的に開く、刺激に対して開く、刺激に対して開かないの3段階があります。言語には、見当識が保たれている、見当識が保たれていない、そして理解不能な言葉しか話せない、全く言葉が話せないの4段階があります。運動能力には、服従する、異常な反応を示す、痛み刺激に対して異常な反応を示す、痛み刺激に対して全く反応しないの4段階があります。 各カテゴリーのスコアは、1から4の範囲で、患者のGCSの合計スコアは3つのスコアを合計したものです。GCSの合計スコアは3から15の範囲で、15は最高スコアで、患者の意識レベルが完全であることを示します。3は最低スコアで、患者の意識レベルが最小であることを示します。 GCSは、頭部外傷の重症度を評価するために広く使用されていますが、他の種類の脳損傷や中毒の重症度を評価するためにも使用できます。GCSは、他の臨床情報と組み合わせて、患者の予後を予測したり、適切な治療計画を立てたりするために使用することができます。
被介護者の状態について

高次脳機能障害とは

高次脳機能障害の原因の多くは、脳血管障害です。脳血管障害とは、脳に血液が流れなくなる状態のことで、脳卒中や脳梗塞、くも膜下出血などが含まれます。これらの疾患は、脳の血管が詰まったり、破れたりすることで起こり、脳組織が損傷を受けます。 脳組織が損傷を受けると、高次脳機能障害の症状が現れます。症状は、損傷を受けた脳の部位によって異なりますが、失語、動作障害、意欲や注意力の低下、社会性の理解や判断力の欠如、感情の制御不能などがみられます。 高次脳機能障害の原因は、脳血管障害以外にもあります。例えば、交通事故やスポーツ中の事故などで頭部に強い衝撃を受けると、高次脳機能障害が起こる場合があります。また、脳腫瘍や認知症などの病気によっても、高次脳機能障害が起こることがあります。
被介護者の状態について

被介護者の状態と共同運動

共同運動とは、セラピストと被介護者が相互に協調して身体を動かすアプローチのことです。 脳卒中やパーキンソン病などの神経系障害により、運動機能が低下した被介護者に対して行われます。セラピストは、被介護者の動きをサポートしながら、被介護者が自分の意思で身体を動かすように促すことで、運動機能の改善を目指すリハビリテーション手法です。 共同運動には、さまざまな種類があります。代表的なものを下記に記載します。 ・直立支援運動 セラピストが、背後から被介護者の腰を支えながら、被介護者を立たせる運動です。 ・歩行訓練 セラピストが、被介護者の手を引き、一緒に歩行練習を行う運動です。 ・上肢機能改善運動 セラピストが、被介護者の手を握り、一緒に物を持ち上げる、腕を曲げる伸ばすなどの運動です。 セラピストは、被介護者の状態に合わせて、適切な運動を指導します。共同運動は、運動機能の改善だけでなく、被介護者の自信や意欲を高める効果もあります。
被介護者の状態について

【被介護者の状態】四肢麻痺とは?原因と治療法を解説

四肢麻痺とは? 四肢麻痺とは、身体の四肢が麻痺する症状のことです。四肢麻痺は、脳卒中、脊髄損傷、神経障害、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの疾患が原因で起こります。四肢麻痺の症状は、四肢の麻痺、感覚障害、筋力低下、歩行障害、排泄障害などがあります。四肢麻痺の治療法は、原因疾患の治療が中心となります。四肢麻痺のリハビリテーションには、運動療法、装具療法、薬物療法などがあります。
被介護者の状態について

痙性麻痺について解説

-痙性麻痺とは- 痙性麻痺とは、脳や脊髄の損傷によって引き起こされる状態であり、筋肉の緊張やこわばり、痛みを伴うことがあります。痙性麻痺は、脳卒中、脳性麻痺、多発性硬化症、脊髄損傷、外傷性脳損傷など、様々な病状によって引き起こされる可能性があります。痙性麻痺の症状は、筋肉の緊張やこわばり、痛み、筋肉のけいれん、歩行困難、排尿困難などです。痙性麻痺の治療法は、薬物療法、理学療法、作業療法、装具療法などがあります。
被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持に動脈硬化を防ぐ

動脈硬化とは何か 動脈硬化とは、動脈の壁が厚く硬くなり、血液の流れが悪くなる病気です。動脈硬化が進むと、心臓発作や脳卒中などの重篤な疾患を引き起こすことがあります。動脈硬化は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、肥満などの生活習慣病が原因で起こることが多く、加齢とともに進行していきます。 動脈硬化は、自覚症状がないまま進行することが多いですが、進行すると、胸痛、息切れ、足のだるさや痛みなどの症状が現れることもあります。また、動脈硬化が進行すると、心臓発作や脳卒中などの重篤な疾患を引き起こすことがあります。 動脈硬化を防ぐためには、生活習慣病を予防することが大切です。高血圧、糖尿病、脂質異常症がある場合は、医師の指示に従って治療を受けましょう。また、喫煙は動脈硬化を促進するため、禁煙することが大切です。肥満気味の人は、適度な運動をして体重を減らしましょう。
被介護者の健康維持について

介護の基礎知識─被介護者の生活習慣病予防

生活習慣病とは、生活習慣上の問題によって引き起こされる病気の総称です。生活習慣病は、主に以下の5つに分類されます。 * 糖尿病 * 高血圧 * 脂質異常症 * 脳卒中 * 心筋梗塞 生活習慣病は、加齢とともに発症するリスクが高まりますが、若年層でも発症する可能性があります。生活習慣病は、放置すると重篤な合併症を引き起こす可能性があるため、早期発見・早期治療が重要です。 生活習慣病の予防には、バランスのとれた食事、適度な運動、規則正しい睡眠、禁煙、節酒などが有効です。生活習慣病の予防は、健康的な生活習慣を身につけることが大切です。
被介護者の健康維持について

被介護者の健康維持に欠かせない『善玉コレステロール』について

被介護者の健康維持に欠かせない『善玉コレステロール』について 善玉コレステロールとは? 善玉コレステロールとは、HDLコレステロールのことで、血管から余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す役割があります。 善玉コレステロール値が高いと、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが低くなることが知られています。 善玉コレステロールを増やすためには、適度な運動、バランスの良い食事、十分な睡眠をとることが大切です。 また、アルコールやタバコを控えることも大切です。 もし、善玉コレステロール値が低い場合は、医師に相談して、薬物療法を受けることも検討しましょう。
被介護者の状態について

被介護者の視野欠損について

被介護者の視野欠損について 視野欠損とは、視界の一部が見えなくなる状態のことです。視野欠損は、片目または両目で起こる可能性があり、部分的な視野欠損から完全な視野欠損まで、その程度は様々です。視野欠損は、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があり、その原因の中には、脳卒中、緑内障、黄斑変性症、糖尿病網膜症などがあります。
被介護者の状態について

バランスと足腰の衰え。そして『平衡機能障害』とは?

平衡機能障害とは、体のバランスを保つ機能が低下し、ふらつきや転倒が起こりやすくなる状態を指します。平衡機能は、内耳、小脳、筋肉や関節の感覚など、複数の感覚器官や器官系が連携して成り立っています。これらのいずれかに異常が生じると、平衡機能が低下し、平衡機能障害が起こります。 平衡機能障害には、中枢性平衡機能障害と末梢性平衡機能障害の2種類があります。中枢性平衡機能障害は、脳や小脳に異常が生じて起こる平衡機能障害です。末梢性平衡機能障害は、内耳や筋肉、関節の感覚に異常が生じて起こる平衡機能障害です。 平衡機能障害の原因はさまざまです。中枢性平衡機能障害の原因としては、脳卒中、脳腫瘍、多発性硬化症、パーキンソン病などがあります。末梢性平衡機能障害の原因としては、メニエール病、前庭神経炎、突発性難聴、筋無力症などがあります。 平衡機能障害の症状は、ふらつき、転倒、めまい、吐き気、嘔吐などがあります。ふらつきは、歩くときや立っているときに起こることが多く、転倒につながる可能性があります。めまいは、ぐるぐる回るような感覚や、物が揺れているように見える症状です。吐き気や嘔吐は、めまいを伴う場合によく起こります。 平衡機能障害の治療法は、原因によって異なります。中枢性平衡機能障害の場合、原疾患の治療が行われます。末梢性平衡機能障害の場合、薬物療法、リハビリテーション、生活習慣の改善などが行われます。
被介護者の状態について

失行とは?原因・症状・リハビリテーション

失行とは、運動遂行能力を遂行する過程で生じる障害のことです。失行は、脳の損傷によって引き起こされることが多く、運動神経の損傷とは異なります。失行があると、物をうまく扱えない道具の使い方を忘れる衣服の着脱が難しいなどの症状が現れます。失行は、脳の損傷の位置や程度によって、様々な症状が現れます。 失行は、脳卒中、外傷性脳損傷、脳腫瘍などの脳の損傷によって引き起こされることが多く、加齢や神経変性疾患によっても起こる可能性があります。失行の症状は、損傷した脳の部位や程度によって異なりますが、運動を行うための計画を立てることが難しい運動を正しく実行することができない運動を完了することができないなどの症状が現れることが多いです。 失行の治療法は、失行の原因となっている疾患の治療を行うことと、失行の症状を改善するためのリハビリテーションを行うことの2つが主となります。失行のリハビリテーションでは、運動機能の回復日常生活動作の訓練認知機能の改善などを行います。失行のリハビリテーションは、早期に開始することが重要です。
被介護者の状態について

失語症と会話のコツ

失語症とは、脳の損傷によって言語を理解したり表現したりする能力が損なわれる病気です。失語症は、脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍、脳炎などのさまざまな原因で起こる可能性があります。失語症の症状は人によって異なりますが、一般的には、以下のいずれかまたは複数の症状が現れます。 * 言葉の意味が理解できない(失語症) * 適切な言葉が思い出せない(失語症) * 文法的に正しい文章が作れない(失語症) * 流暢に話すことができない(失語症) * 文字が読めない(失読症) * 文字が書けない(失書症
介助の技術について

介助の技術について『利き手交換』

利き手交換とは、介助の技術のひとつで、介助者が利用者の利き手と反対側の手を使って介助を行うことを言います。この技術は、利用者の患側や麻痺側をサポートし、利用者がより安全かつ快適に日常生活を送ることを支援するために使用されます。 利き手交換は、さまざまな場面で使用されます。例えば、食事、着脱衣、入浴、排泄など、利用者が日常生活を送る上で必要な動作をサポートするときによく使用されます。また、理学療法や作業療法などのリハビリテーションにおいても、利用者の患側や麻痺側を鍛え、機能回復を促すために使用されます。 利き手交換を行うには、介助者が利用者の患側や麻痺側に立ち、利用者の利き手と反対側の手を使って介助を行います。このとき、介助者は利用者の身体をしっかりとサポートし、利用者が安全かつ快適に動作できるように注意する必要があります。また、介助者は利用者の状態を観察し、利用者に合った介助方法を工夫する必要があります。