支援

被介護者への支援について

介護におけるネグレクトと被介護者への支援

-1. ネグレクトとは- ネグレクトとは、何らかの支援やケアを必要としている人に対して、必要な支援やケアを怠ったり、拒否したりすることを指します。この支援やケアには、身体的なケア、精神的なケア、経済的なケアなどが含まれます。 ネグレクトは、しばしば、被介護者に対する虐待の一種とみなされます。しかし、ネグレクトは虐待とは別の問題であり、虐待とは区別して考える必要があります。虐待は、被介護者に意図的に危害を加える行為であるのに対し、ネグレクトは、被介護者に意図的に危害を加えるわけではないものの、必要な支援やケアを怠ったり、拒否したりする行為です。
介護制度について

居宅療養管理指導の概要と利用方法

- 居宅療養管理指導の概要と利用方法 -居宅療養管理指導とは- 居宅療養管理指導とは、在宅療養が必要な患者に対し、医師や看護師、薬剤師などの専門職が連携して、在宅での療養生活を支援するサービスです。在宅療養管理指導の対象となる患者は、がんや心臓病、脳卒中などの慢性疾患を患っている方や、手術や放射線治療などの治療を受けた方などです。 居宅療養管理指導の主な内容は、以下のとおりです。 * 患者や家族への療養に関する指導 * 薬の処方や管理 * 栄養管理 * リハビリテーション * 介護に関する相談 * 在宅医療に関する相談 居宅療養管理指導は、患者や家族の在宅療養生活を支援することで、患者のQOLの向上や医療費の削減に貢献しています。 -居宅療養管理指導の利用方法- 居宅療養管理指導を利用するには、まず、主治医に相談してください。主治医が居宅療養管理指導の対象となる患者と判断した場合、居宅療養管理指導を行う医療機関や訪問看護ステーションを紹介してくれます。 居宅療養管理指導を受けるには、医療保険または介護保険の適用を受ける必要があります。医療保険の適用を受けるためには、主治医から「居宅療養管理指導が必要である」という診断書が必要です。介護保険の適用を受けるためには、介護認定を受けている必要があります。 居宅療養管理指導の費用は、医療保険または介護保険で賄われます。医療保険の場合、患者の自己負担額は1割または3割です。介護保険の場合、患者の自己負担額は1割です。
介護制度について

療育手帳とは何か?介護制度の基本を押さえよう

療育手帳とは、知的障害のある人に交付される手帳のことです。知的障害とは、知的能力の低下を伴う発達障害の一種であり、知能指数(IQ)が70未満であると診断された場合に交付されます。療育手帳は、知的障害のある人が必要な支援を受けられるようにするために発行されます。 療育手帳には、3つの種類があります。 1. 身体障害者手帳(1級、2級、3級) 2. 精神障害者保健福祉手帳(1級、2級、3級) 3. 療育手帳(A判定、B判定、C判定) 療育手帳の判定は、医師や心理士などの専門家が行います。療育手帳の判定を受けるには、まず、市町村の福祉課に申請書を提出する必要があります。申請書には、本人の氏名、住所、生年月日、知的障害の程度などを記載します。申請書を提出すると、医師や心理士による検査が行われます。検査の結果、知的障害の程度が70未満であると診断された場合、療育手帳が交付されます。 療育手帳を交付されると、知的障害のある人は、各種の福祉サービスを受けることができます。例えば、就労支援、生活支援、医療費の助成などです。また、療育手帳を交付されている人は、税金の減免を受けることもできます。
介護技術について

介護技術とライフスタイルの維持

ライフスタイルとは、個人の生活習慣や行動様式のことです。 その人の価値観、信念、態度、好みなどによって形作られており、年齢、性別、地域、文化などによって異なります。 ライフスタイルは、その人の健康や幸福に大きな影響を与えます。健康的なライフスタイルを送ることで、病気のリスクを減らし、寿命を延ばすことができます。また、幸せなライフスタイルを送ることで、ストレスを軽減し、メンタルヘルスを改善することができます。介護技術は、ライフスタイルを維持するために役立てることができます。例えば、身体機能が低下した高齢者に対して、排泄介助や食事介助を行うことで、その人の自立した生活を支援することができます。また、認知症の患者に対して、見守りや声かけを行うことで、その人の生活リズムを維持することができます。介護技術を適切に活用することで、その人のライフスタイルを維持し、健康で幸せな生活を送ることをサポートすることができます。
介護制度について

包括ケアマネジメント:住み慣れた地域で安心の暮らし

-包括ケアマネジメント住み慣れた地域で安心の暮らし- 包括ケアマネジメントとは、高齢者や障害者など、介護や支援を必要とする人が、住み慣れた地域で自分らしい生活を継続できるように、医療、介護、福祉など、さまざまなサービスを連携・調整する仕組みのことです。 包括ケアマネジメントの主な目的は、利用者のニーズや希望を把握し、適切なサービスを提供することによって、利用者の自立支援や社会参加を促進し、生活の質の向上を図ることです。 包括ケアマネジメントを行うためには、利用者やその家族、医療機関、介護事業者、福祉事業者など、さまざまな関係者が連携・協力することが重要です。 包括ケアマネジメントの対象となる人は、高齢者や障害者など、介護や支援を必要とする人であれば、誰でも利用することができます。 包括ケアマネジメントの費用は、利用者の所得や資産状況に応じて、自己負担額が決定されます。 包括ケアマネジメントを受けるためには、まずは、市町村の窓口に相談してください。
被介護者の状態について

中途障害者に必要な支援とは?

中途障害者とは、20歳以上で発症した障害を持つ人のことです。中途障害者には、生まれつき障害のある先天性障害者とは異なり、後天的な要因によって障害が発生しています。後天的な要因とは、交通事故、脳卒中、病気など、さまざまなものがあります。中途障害者は、先天性障害者と比べて、障害の程度や種類が異なる場合が多く、また、障害が発症する年齢によって、社会生活や就労に大きな影響を受けることがあります。中途障害者は、障害の程度や種類によって、必要な支援が異なりますが、一般的には、医療的ケア、リハビリテーション、就労支援、介護サービスなどが必要となります。
被介護者の状態について

脊椎すべり症とは?その症状と対応策

-脊椎すべり症の診断と治療法- 脊椎すべり症の診断は、主に身体検査とX線撮影によって行われます。身体検査では、医師が患者の背骨の動きや痛みを確認します。X線撮影では、椎骨の位置や角度を調べることができます。 脊椎すべり症の治療法は、症状の程度や原因によって異なります。軽度の脊椎すべり症の場合は、保存療法が行われます。保存療法には、薬物療法、物理療法、運動療法などが含まれます。薬物療法では、痛みや炎症を緩和する薬が処方されます。物理療法では、背骨の動きを改善する体操やマッサージが行われます。運動療法では、背骨の周りの筋肉を鍛えるための運動が行われます。 中等度以上の脊椎すべり症の場合は、手術が行われることがあります。手術では、椎骨を固定して滑りを防ぐための処置が行われます。手術は、一般的に安全ですが、感染症や神経障害などの合併症のリスクがあります。 脊椎すべり症の治療法を選択する際には、患者の年齢、症状の程度、原因、全身状態などを考慮することが重要です。
介護制度について

地域ケア会議で高齢者の課題解決を

地域ケア会議とは、地域社会で暮らす高齢者の課題を解決し、自立した生活を支援するために開催される会議のことです。地域ケア会議は、高齢者の家族や友人、ケアマネージャー、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職、地域住民など、高齢者を取り巻く関係者が参加します。地域ケア会議では、高齢者の健康状態や生活状況を評価し、課題を特定します。そして、課題を解決するための計画を立て、関係者が連携して支援を行います。地域ケア会議は、高齢者が地域社会で自立した生活を送ることができるようにするための重要な仕組みです。 地域ケア会議は、高齢者の課題を解決し、自立した生活を支援するために開催される会議です。地域ケア会議では、高齢者の健康状態や生活状況を評価し、課題を特定します。そして、課題を解決するための計画を立て、関係者が連携して支援を行います。地域ケア会議は、高齢者が地域社会で自立した生活を送ることができるようにするための重要な仕組みです。
介護制度について

介護制度と障害福祉計画

障害福祉計画とは、障害者福祉の増進を図るために、市町村が策定する計画のことです。障害福祉計画には、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための方針、障害者の自立と社会参加を促進するための施策、障害児の教育及び発達支援を促進するための施策などが盛り込まれています。 障害福祉計画は、障害者福祉法に基づき、市町村が策定することになっています。障害福祉計画の策定にあたっては、障害者、障害児、保護者、関係機関等からの意見を聴取し、障害福祉計画審議会の議を経て、市町村の議会で議決しなければなりません。 障害福祉計画は、障害者福祉の増進を図るために重要な役割を果たしています。障害福祉計画に基づいて、市町村は障害者福祉事業を実施し、障害者の自立と社会参加を促進しています。
被介護者への支援について

被介護者への支援について『利用者本位』の考え方

社会の高齢化に伴い、介護を必要とする高齢者が増え続けています。また、介護保険制度により、介護のニーズに柔軟に対応できるよう、様々な介護サービスが提供されています。しかし、介護サービスをただ提供すればよいというわけではありません。介護サービスを提供する際には、利用者本位の考え方を大切にすることが重要です。 利用者本位とは、介護サービスを提供する際に、利用者のニーズや希望を尊重し、その人に合った介護サービスを提供することを意味します。例えば、認知症の利用者の場合は、利用者の生活習慣や嗜好を尊重し、その人に合った介護サービスを提供する必要があります。また、在宅介護の場合には、利用者の家庭環境や家族の状況を考慮し、その人に合った介護サービスを提供する必要があります。 利用者本位の介護サービスを提供するためには、介護者と利用者の間で密なコミュニケーションをとることが大切です。介護者は、利用者のニーズや希望を理解し、その人に合った介護サービスを提供するために、利用者と積極的にコミュニケーションをとる必要があります。また、利用者は、自分のニーズや希望を介護者に伝えることで、その人に合った介護サービスを受けることができます。
被介護者の状態について

独居老人とは何か?孤立感や支援を解説

-独居老人の定義と現状- 独居老人とは、65歳以上の高齢者で、家族や親戚などの同居人がおらず、一人で生活している人のことを言います。独居老人は、年々増加しており、2020年には約600万人にのぼると推定されています。独居老人が増加している理由は、高齢化社会の進展、女性の社会進出、核家族化などがあります。 独居老人の生活は、健康面や経済面、精神面などで多くの課題を抱えています。健康面では、一人で生活しているため、病気やケガをしたときにすぐに助けを求めることができず、悪化してしまうことがあります。経済面では、年金や貯蓄だけで生活していることが多く、貧困に陥りやすいです。精神面では、孤独感や孤立感を抱きやすく、うつ病や認知症の発症リスクが高まります。 独居老人の孤立感は、深刻な問題です。孤立感を感じている独居老人は、社会とのつながりが薄く、必要な支援を受けることが困難になります。また、孤立感を感じている独居老人は、孤独死のリスクも高まります。社会全体で、独居老人の孤立感を軽減するための対策が必要です。
介助の技術について

介護の基礎知識 – ケアとは何か?

ケアの定義 ケアとは、他者の健康、幸福、または生活の質を維持、回復、促進するための行動である。それは身体的、精神的、感情的、社会的、精神的なニーズのすべてに及ぶ。ケアは、専門家や家族、友人が提供するが、ケアを受ける人も、ケアの提供に積極的に参加することができる。 ケアの目標は、ケアを受ける人が、身体的、精神的、感情的に健康で、可能な限り自立した生活を送れるようにすることである。ケアには、食事、入浴、着替え、排泄、移動などの基本的な身体的ケアと、感情的なサポート、社会的な交流、精神的なケアが含まれる。 ケアは、ケアを受ける人のニーズや希望に合わせて調整される必要がある。ケアは、包括的で、ケアを受ける人を取り巻くすべての側面を考慮したものでなければならない。ケアは、ケアを受ける人の尊厳を尊重し、その人の権利を保護するものでなければならない。
被介護者の状態について

老年症候群とは?高齢化社会における課題

老年症候群とは、加齢に伴って身体機能や精神機能が衰え、さまざまな症状が現れる老年期特有の症候群です。主な症状としては、筋肉量の低下や骨粗しょう症、関節炎、動脈硬化による心臓病や脳卒中、認知症などがあります。高齢化社会が進むにつれて、老年症候群は社会問題となっています。 老年症候群は、加齢に伴う身体機能や精神機能の低下が原因で起こります。加齢に伴って、筋肉量は減少して筋力や身体の柔軟性が低下し、骨粗しょう症により骨折しやすくなります。また、関節炎や動脈硬化による心臓病や脳卒中、認知症など、さまざまな疾患にかかりやすくなります。 老年症候群の予防には、健康的な食生活適度な運動禁煙節酒など、生活習慣の改善が大切です。また、定期的に健康診断を受け、早期に疾患を発見して治療することが重要です。 近年、老年症候群の予防や治療法の研究が進んでいます。例えば、筋肉量を増加させて筋力や身体の柔軟性を維持する運動療法や、骨密度を上げて骨折を予防する薬物療法、認知症の進行を遅らせる認知症治療薬などがあります。
被介護者の状態について

エリクソンと被介護者の状態

エリクソンとは?発達段階説を提唱したアメリカの心理学者 エリクソンとは、アメリカ合衆国の心理学者で、発達段階説を提唱したことで知られています。 エリクソンは、1902年にドイツのフランクフルト・アム・マインで生まれ、1994年にアメリカ合衆国のマサチューセッツ州ストックブリッジで亡くなりました。エリクソンは、1933年にドイツをナチスが支配した後にアメリカ合衆国に亡命し、1940年にアメリカ合衆国の市民権を取得しました。エリクソンは、ハーバード大学とイェール大学で教鞭をとり、1960年にはアメリカ心理学会の会長に就任しました。 エリクソンは、人間の生涯を8つの段階に分けて、各段階で起こる心理社会的危機と、その危機を乗り越えるために必要な基本的徳目を提唱しました。 エリクソンによると、人間は、乳児期、幼児期、遊び期、学童期、青年期、成人前期、成人後期、老年の8つの段階を経て成長し、各段階で起こる心理社会的危機を乗り越えることで、基本的徳目を獲得していきます。エリクソンは、各段階で起こる心理社会的危機と、その危機を乗り越えるために必要な基本的徳目を、以下の表にまとめました。 | 段階 | 心理社会的危機 | 基本的徳目 | |---|---|---| | 乳児期 | 信頼 vs 不信 | 希望 | | 幼児期 | 自律性 vs 羞恥と疑念 | 意志 | | 遊び期 | 主導性 vs 罪悪感 | 目的 | | 学童期 | 勤勉性 vs 劣等感 | 有能感 | | 青年期 | 同一性 vs 同一性拡散 | 忠実 | | 成人前期 | 親密性 vs 孤立 | 愛 | | 成人後期 | 生殖性 vs 停滞 | 世話 | | 老年 | 完全性 vs 絶望 | 知恵 | エリクソンは、人間の生涯は連続的で、各段階は相互に関連しており、各段階で起こる心理社会的危機を乗り越えることが、その後の段階の成功にとって重要であると考えました。 エリクソンの発達段階説は、人間の成長と発達を理解する上で重要な理論であり、今日でも多くの研究者や臨床家によって活用されています。
介護制度について

介護予防で自立した生活を実現

介護予防の重要性 日本における高齢化は急速に進み、2025年には65歳以上の人口が3,000万人を超える見通しです。高齢化に伴い、介護が必要な人も増えると予想され、介護費用の増加が懸念されています。介護予防は、介護が必要になることを予防し、自立した生活を送るための取り組みです。介護予防を行うことで、介護費用の増加を抑制し、高齢者の健康寿命を延ばすことができます。 介護予防には、身体的機能の維持・向上、認知症予防、生活習慣の改善など、さまざまな方法があります。身体的機能の維持・向上のためには、適度な運動や栄養バランスのとれた食事が大切です。認知症予防のためには、脳を活性化させるような活動や、社会とのつながりを維持することが有効です。生活習慣の改善では、禁煙・節酒、バランスのとれた食事、適度な運動などが挙げられます。
被介護者への支援について

認知症カフェでできること

認知症カフェとは、認知症の人とその家族、地域住民などが集い、交流する場です。認知症について学び、理解を深め、偏見や差別をなくすことを目的としています。また、認知症の人とその家族が孤立することなく、社会の中でつながりを持って生活できるように支援しています。 認知症カフェは、全国各地にあります。運営形態は様々ですが、一般的には、認知症の人とその家族、地域住民が自由に集い、お茶を飲みながら交流する場です。また、認知症について学び、理解を深めるための講演会や勉強会、音楽療法やアートセラピーなどのプログラムも行われています。 認知症カフェは、認知症の人とその家族にとって、とても居心地の良い場所です。認知症の人も、地域住民も、みんなが対等に交流することができます。また、認知症について学び、理解を深めることで、認知症の人への偏見や差別をなくすことができます。
介護制度について

介護制度について学ぶ:地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムとは、介護が必要な高齢者や障害者が住み慣れた地域で自立した生活を営むことができるように、医療、介護、福祉、住まい、生活支援などのサービスを総合的に提供するシステムのことです。 地域包括ケアシステムは、高齢者や障害者が地域で安心して暮らすことができるようにするため、医療、介護、福祉、住まい、生活支援などのサービスを総合的に提供するシステムです。このシステムは、高齢者や障害者が地域で自立した生活を営むことができるように、様々なサービスを連携・協働させて提供することを目指しています。 地域包括ケアシステムでは、医療、介護、福祉、住まい、生活支援などのサービスを総合的に提供することで、高齢者や障害者が地域で安心して暮らすことができるようにしています。このシステムは、高齢者や障害者が地域で自立した生活を営むことができるように、様々なサービスを連携・協働させて提供することを目指しています。
被介護者への支援について

被介護者への支援について~インテグレーションの重要性~

インテグレーションとは、社会的、文化的、経済的、政治的生活において、被介護者を可能な限り排除や差別を行わず、包容することを意味します。インテグレーションは、被介護者が社会の一員として尊厳と自立を持って生活できることを目指しています。 インテグレーションは、被介護者の権利を尊重し、その人が生活を送る上で必要な支援を提供することです。支援には、介護サービスの提供、教育や職業訓練の機会の提供、医療やリハビリテーションへのアクセスなどが含まれます。インテグレーションは、被介護者が地域社会の一員として活動できるようにするためのものです。 インテグレーションは、被介護者やその家族の生活の質を向上させることができます。インテグレーションされた被介護者は、より社会的に孤立することなく、より活動的で充実した生活を送ることができます。また、インテグレーションは、被介護者が経済的に自立するのを助け、社会保障制度への負担を軽減する効果があります。
被介護者への支援について

認知症サポーターの役割と支援内容

認知症サポーターとは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、認知症の人とその家族を地域で支える人々のことです。認知症サポーターは、認知症の人や家族が安心して暮らせる地域社会の実現を目指し、さまざまな活動に取り組んでいます。 認知症サポーターの主な役割は、認知症の人や家族への理解とサポートを深めることです。具体的には、認知症に関する正しい知識を学び、認知症の人や家族と交流する機会を持ち、認知症の人や家族が困っているときにサポートを提供するなど、地域で認知症を理解し、支える活動を行います。 認知症サポーターの活動は、認知症の人や家族だけでなく、地域社会全体に良い影響を与えます。認知症サポーターの存在によって、認知症に対する正しい知識と理解が広がり、認知症の人や家族が安心して暮らせる地域社会が形成されます。また、認知症サポーターの活動は、認知症の人や家族が社会参加する機会を増やし、孤立を防ぐ効果もあります。
被介護者の状態について

要支援状態って?介護が必要な状態への一歩?

要支援状態とは、介護を必要とする一歩手前の状態であり、日常生活に支障をきたさない程度に介護を必要とする状態のことです。要支援状態は、介護保険法に基づいて認定され、要支援1と要支援2の2段階に分けられます。 要支援1は、日常生活に支障をきたすことなく、介護を必要とする状態です。要支援2は、日常生活に支障をきたすような介護を必要とする状態です。要支援状態と認定された場合、介護保険サービスを受けることができます。 介護保険サービスには、デイサービス、ショートステイ、訪問介護、訪問入浴、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、福祉用具貸与、住宅改修、介護予防教室などがあります。これらのサービスを利用することで、要支援状態の方が自立した生活を送ることができるようになります。 要支援状態は、介護が必要な状態への一歩である可能性があります。そのため、要支援状態と認定された場合は、早めに介護保険サービスを利用することが大切です。介護保険サービスを利用することで、要支援状態の方が自立した生活を送ることができるようになります。
被介護者への支援について

被介護者の支えになる自助グループ

自助グループとは、同じ悩みや問題を抱える人たちが集まり、互いに助け合いながら問題解決を目指すグループです。自助グループは、専門家や医療機関の助けを借りずに、メンバー同士で支え合いながら問題を解決することを目指しています。 自助グループは、さまざまな問題を抱える人たちが参加しています。介護者や被介護者、障がい者、病気患者、依存症者、うつ病患者、摂食障害患者など、さまざまな問題を抱える人たちが自助グループに参加しています。 自助グループは、メンバー同士が助け合いながら問題を解決することを目指しています。自助グループでは、メンバー同士が自分の経験や悩みを話し合ったり、互いにアドバイスし合ったり、互いに励まし合ったりしながら、問題を解決していきます。
被介護者への支援について

被介護者への支援:介入とは

介入とは、被介護者の삶や福祉を改善するために講じられる行動または一連の行動のことです。これは介護者や専門家、またはその両方によって行われる場合があります。介入は、被介護者のニーズに応じて様々なものであり、単一の介入または複数の介入からなる場合があります。 介入の目的は、被介護者の生活の質の向上、ケアの負担の軽減、介護者のウェルビーイングの向上などです。介入は、身体的、精神的、社会的、経済的な側面を含む、被介護者の全体的な健康と幸福を促進するために設計されています。 介入は、被介護者のニーズと状況に応じて多様です。一般的な介入には以下のようなものがあります。 * ケアマネジメントこれは、被介護者が必要なケアを受けるために、ケアを調整し、資源やサービスへのアクセスを支援するプロセスです。 * ホームケアこれは、被介護者が自宅で自立して生活できるよう支援する一連のサービスです。 * デイケアこれは、被介護者が日中に安全で刺激的な環境で過ごすことができる施設です。 * 施設ケアこれは、被介護者が24時間年中無休でケアを受けることができる施設です。 * カウンセリングこれは、被介護者や介護者が介護に伴う感情的な課題に対処するのを助けるプロセスです。 * リハビリテーションこれは、被介護者が機能と独立性を回復または維持するのを助けるプロセスです。 介入は、被介護者の生活に大きな影響を与える可能性があります。介入は、被介護者の健康と幸福を改善し、ケアの負担を軽減し、介護者のウェルビーイングを向上させるのに役立ちます。
介護制度について

介護制度における保険給付

介護制度における保険給付 「保険給付とは」 介護保険制度とは、国民皆保険制度の一環として、高齢者や障害者などの介護を必要とする方を支援するための制度です。保険給付は、保険料を支払った人が介護サービスを受ける際に受けられる給付金のことです。介護保険制度には、介護保険料を支払った人が介護サービスを受けられなくなる、もしくは介護サービスが必要になった場合に介護保険給付金が支給されることになっています。 介護保険給付には、以下の種類があります。 1. 介護サービス費介護サービスを受けるときに支払われる費用です。 2. 介護予防給付介護が必要になるのを予防するためのサービスに支払われる費用です。 3. 介護死亡一時金介護保険の被保険者が死亡したときに支払われる一時金です。 介護保険給付を受けるためには、介護保険の被保険者である必要があります。介護保険の被保険者は、40歳以上の全国民です。介護保険の保険料は、年齢や収入によって異なります。 介護保険給付は、介護が必要な方の生活を支えるために重要な制度です。介護保険制度の利用を検討している方は、お住まいの地域の介護保険窓口にご相談ください。
被介護者の状態について

むせの原因と対策を徹底解説!誤嚥性肺炎を防ぐために知っておきたいこと

むせとは、異物が気管に入ったり、食べ物や飲み物を飲み込む際に誤って気管に入ったりしたときに起こる反射動作のことです。むせは、咳や窒息とは異なります。咳は、気道に異物が入ったときにそれを排出するための反射動作ですが、むせは、気道に異物が入りそうになったときにそれを防ぐための反射動作です。窒息は、気道が完全に塞がれてしまい、呼吸ができなくなる状態のことです。 むせは、誰でも経験する可能性のある症状ですが、特に高齢者や乳幼児はむせを起こしやすいと言われています。高齢者は、嚥下機能が低下していることが多く、乳幼児は、気管がまだ狭く、異物が入りやすいことが原因と考えられています。また、むせは、急いで食事をしたり、お酒を飲んだりしたときにも起こりやすくなります。 むせは、通常はすぐに収まりますが、ひどい場合は、誤嚥性肺炎を起こすことがあります。誤嚥性肺炎は、誤って気管に入った食べ物や飲み物が肺にまで入ってしまい、炎症を起こす病気です。誤嚥性肺炎は、高齢者や乳幼児に多く、重症化すると死に至ることもあります。