介助

被介護者の状態について

難聴 – 介護者向けガイド

難聴とは、音の大きさを聞こえにくくしたり、音が聞こえにくくなったりする聴覚障害のことです。 これは、中耳または内耳の病気、聴覚神経の損傷、脳の聴覚中枢の病気など、さまざまな要因によって引き起こされることがあります。難聴は、軽度から重度までさまざまな程度があり、片方の耳または両方の耳に影響を及ぼす可能性があります。 難聴の最も一般的な原因には、加齢、騒音への曝露、遺伝的要因などがあります。加齢に伴い、内耳の聴覚細胞が徐々に減少することにより、難聴が起こることがあります。騒音への曝露は、内耳の聴覚細胞を損傷し、難聴を引き起こす可能性があります。また、難聴は遺伝的要因によっても起こることがあります。 難聴の症状は、軽度から重度までさまざまです。軽度の難聴の場合、テレビの音量を上げないと聞こえにくい、電話の声が聞き取りにくいなどの症状が現れることがあります。中程度の難聴の場合、会話に参加するのが難しくなったり、音楽を聴いても楽しめなくなったりすることがあります。重度の難聴の場合、ほとんどの音を聞こえなくなることがあります。 難聴は、聴覚検査によって診断されます。聴覚検査では、聴覚の程度や種類を測定します。難聴の治療法は、その原因によって異なります。中耳炎や外耳炎など、難聴を引き起こしている病気があれば、その病気を治療することで難聴を改善することができる場合があります。聴覚神経の損傷や脳の聴覚中枢の病気など、難聴の原因が治らない場合は、補聴器や人工内耳などの補助器具を使用することで、聴力を改善することができる場合があります。
介助の技術について

介護の基礎知識 – ケアとは何か?

ケアの定義 ケアとは、他者の健康、幸福、または生活の質を維持、回復、促進するための行動である。それは身体的、精神的、感情的、社会的、精神的なニーズのすべてに及ぶ。ケアは、専門家や家族、友人が提供するが、ケアを受ける人も、ケアの提供に積極的に参加することができる。 ケアの目標は、ケアを受ける人が、身体的、精神的、感情的に健康で、可能な限り自立した生活を送れるようにすることである。ケアには、食事、入浴、着替え、排泄、移動などの基本的な身体的ケアと、感情的なサポート、社会的な交流、精神的なケアが含まれる。 ケアは、ケアを受ける人のニーズや希望に合わせて調整される必要がある。ケアは、包括的で、ケアを受ける人を取り巻くすべての側面を考慮したものでなければならない。ケアは、ケアを受ける人の尊厳を尊重し、その人の権利を保護するものでなければならない。
被介護者の状態について

被介護者のADLについて~介護で大切なこと~

ADLとは「日常生活動作」の略語で、生活の中で行う基本的な動作のことです。着替え、食事、入浴、排泄、歩行などが含まれます。ADLは、年齢や性別、健康状態などによって異なります。健康な人にとっては当たり前のことでも、高齢者や障害者など、介護が必要な人は、これらの動作を自分で行うことが困難な場合があります。 介護において、ADLを評価することは重要です。ADLを評価することで、介護が必要な人がどの程度の介護が必要なのかを判断することができます。また、ADLを改善するためのリハビリや介助を行うことで、介護が必要な人の生活の質を高めることができます。
介助の技術について

介助の技術:内転

内転とは何か? 内転とは、身体を内側に曲げることです。身体のあらゆる関節で行うことができ、内転筋によって行われます。内転筋は、関節の周りの筋肉で、関節を内側に曲げることができます。内転は、身体を動かすために重要な動きです。歩く、走る、座る、立つなどの動作にはすべて内転が必要です。また、身体のバランスを保つために内転は重要です。内転筋が弱くなると、身体のバランスを崩しやすくなります。
介助の技術について

介助の技術

介助方法の基本 介助の基本的な手順 1. まず、介助する方の状態を確認する。 2. 次に、介助したいことを利用者に伝える。 3. 介助する際は、利用者の身体に直接触れないようにする。 4. 利用者の身体に直接触れる必要がある場合は、必ず介助する方の同意を得る。 5. 介助する際は、ゆっくりと丁寧に行う。 6. 介助する際は、利用者のプライバシーに配慮する。 7. 介助する際は、利用者の安全に配慮する。 介助の基本的な注意点 1. 利用者の身体の状態を考慮して、適切な介助方法を選択する。 2. 利用者のプライバシーに配慮して、介助を行う。 3. 利用者の安全に配慮して、介助を行う。 4. 利用者の自立を促すように、介助を行う。 5. 利用者とのコミュニケーションを大切にして、介助を行う。
介護技術について

介護技術の体位変換

体位変換とは、寝たきりや身体を動かすことが難しい方の姿勢を変えることです。体位変換を行うことで、床ずれの予防や身体の変形を防ぎ、筋肉の拘縮を緩和することができます。また、痰の吸引や胃瘻・気管切開の処置を容易にするためにも必要です。 体位変換には、仰臥位、側臥位、座位、立位の4つの基本的な姿勢があります。それぞれの姿勢には、それぞれメリットとデメリットがあります。例えば、仰臥位は最も安定した姿勢ですが、床ずれのリスクが高くなります。側臥位は床ずれのリスクを軽減できますが、圧迫性肺炎のリスクが高くなります。座位は食事や排泄を容易にすることができますが、転倒のリスクが高くなります。立位は運動機能の維持に役立ちますが、転倒のリスクが高くなります。 体位変換を行う際には、患者の状態やリスクを考慮して、適切な姿勢を選択します。また、体位変換を行う際は、患者の身体をしっかりサポートし、ゆっくりと姿勢を変えていくことが大切です。体位変換を行う前には、患者の同意を得ることも重要です。
介助の技術について

介助技術における『脱健着患』の実践例

脱健着患とは、障害者や高齢者など、介助を受ける側の人々が、介助を受ける際に、健常者や若い人が担う役割や態度を意識して、自らはそうならないようにしようとすることです。例えば、介助を受ける際に、健常者や若い人が介助を受ける側に対して、上から目線で接したり、命令口調で指示をしたり、介助を受ける側のプライバシーを配慮せずに介助をしたり、介助を受ける側に依存させてしまったりすることを意識して、そうならないようにしようとすることです。脱健着患の理念は、介助を受ける側の人々が、健常者や若い人が担う役割や態度を意識して、自らはそうならないようにすることで、介助を受ける側の人々が、自立した生活を送ることができるようにすることです。
被介護者の状態について

被介護者の『もの忘れ』について

「もの忘れ」とは、記憶の保持、想起、再生が困難になる状態を指します。これは、加齢や認知症、その他の医学的状態によって引き起こされることがあります。もの忘れは、軽度なものから重度なものまでさまざまです。軽度のもの忘れは、時間に遅れたり、物をなくしたりするなどの問題を引き起こす可能性があります。重度のもの忘れは、日常生活を遂行することが困難になる可能性があります。 もの忘れの最も一般的な原因は、加齢です。年齢とともに、脳は変化し始め、新しい情報を記憶することがより困難になります。これにより、物事を忘れたり、物事がどこにあるか思い出したりすることが難しくなることがあります。認知症は、もの忘れを引き起こす可能性のあるもう一つの原因です。認知症は、記憶、思考、および推論を損なう脳の病気です。最も一般的な認知症の種類は、アルツハイマー病です。その他の医学的状態も、もの忘れを引き起こす可能性があります。これらには、うつ病、甲状腺機能低下症、ビタミンB12欠乏症などが含まれます。
介助の技術について

更衣介助の技術

更衣介助とは、病気や障害があるため自分で着替えることが難しい人を着替えさせることです。更衣介助が必要な人は、体の一部が動かせなかったり、力が入らなかったり、バランスが悪かったりすることがあります。更衣介助は、その人の状態に合わせて、安全かつ快適に着替えられるように行われます。 更衣介助は、その人のプライバシーと尊厳を尊重して行われることが重要です。そのため、更衣介助を行う際には、その人の許可を得てから行い、その人の意思を尊重しながら行います。また、更衣介助を行う際には、その人の状態に合わせて、適切な方法で行う必要があります。 更衣介助は、その人の自立を促すためにも重要です。更衣介助を受けることで、その人は自分で着替えられるようになり、自立して生活できるようになります。また、更衣介助を受けることで、その人は社会参加がしやすくなり、より充実した生活を送ることができるようになります。
介助の技術について

介助の技術:叩打法

- 介助の技術叩打法 叩打法とは、手で直接、または介助用具を用いて体表を叩く技術です。叩くことで、筋肉を収縮させたり、リラックスさせたり、血行を促進させたり、痛みを軽減したりすることが期待できます。叩打法は、マッサージの一種であり、理学療法や作業療法などのリハビリテーションの分野で広く用いられています。叩打法を行うことで、筋肉の緊張をほぐし、関節の可動域を広げ、痛みの軽減や筋力の向上を図ることができます。また、叩打法は、リラクゼーション効果があり、ストレスを軽減するのにも役立ちます。 叩打法を行う際には、叩く部位や強さ、回数などに注意することが大切です。叩く部位は、筋肉や関節の周り、または、痛みの出ている部位を避けて行います。叩く強さは、軽く叩くことから始めて、徐々に強くしていきます。回数も、最初は少ない回数から始めて、徐々に増やしていきます。叩打法を行う際には、介助者の手のひら全体を使って叩くようにし、指先で叩かないように注意が必要です。また、叩いた後は、必ずその部位をさすったり、もんだりして、血行を促進させます。
介助の技術について

介助の技術 在宅自己導尿の介助について

介助の技術 在宅自己導尿の介助について 在宅自己導尿の介助とは何か 在宅自己導尿の介助とは、介助者が排尿困難のある人が自ら排尿できるようにお手伝いをすることです。排尿困難とは、尿をうまく出すことができない状態のことで、さまざまな原因によって起こります。 例えば、脳卒中や脊髄損傷などの神経系の病気、前立腺肥大や尿道狭窄などの泌尿器系の病気、加齢による筋力の低下などが主な原因です。在宅自己導尿の介助は、排尿困難のある人が日常生活を自立して過ごすために必要な介助技術です。
被介護者の状態について

寡婦の介護者としての役割

寡婦の介護者の役割とは 寡婦の介護者は、夫を亡くした後に配偶者を世話する女性のことです。寡婦の介護者は、夫の死後、多くの場合、経済的にも精神的にも大きな負担を負うことになります。経済的には、夫の収入が途絶えて家計が厳しくなり、精神的には、夫の死を悲しみ、孤独感を抱くことが多くなります。また、寡婦の介護者は、夫の介護のために仕事や家事をこなすことが難しくなり、社会的に孤立してしまうこともあります。
介護技術について

介護技術『柔捻法』とは?

柔捻法とは、本来、柔道や合気道、その他の武術で使われる相手を制圧する技術でした。その技術を応用して、介護の現場でも利用されるようになりました。 介護技術としての柔捻法は、力を使わずに相手に力を入れさせる方法です。相手の力を使って、その人を動かすことができるので、介護者の負担を軽減することができます。また、相手は自分の力を使って動くことになるので、自主性を尊重することができます。 柔捻法は、介護の現場でさまざまな場面で使用することができます。例えば、立ち上がりや歩行の介助、車いすからの移乗、入浴介助などです。また、認知症のある方の介護にも有効です。認知症のある方は、自分で動こうとする力が弱くなっていることが多く、介護者がすべてを手伝うことになります。柔捻法を使えば、介護者の負担を軽減することができます。 柔捻法は、介護の現場で広く使用されている技術です。介護者の負担を軽減し、相手の自主性を尊重することができます。また、認知症のある方の介護にも有効です。
介助の技術について

ドライシャンプーで楽々洗髪

ドライシャンプーとは? 従来のシャンプーとは異なり、水を使わずに髪を洗浄する画期的なヘアケア商品です。粉末状またはスプレータイプで、頭皮や髪に直接振りかけて使用します。ドライシャンプーは、髪や頭皮の油分や汚れを吸収して除去し、髪にボリュームを与え、清潔感を保つことができます。また、ドライシャンプーは、頭皮の臭いを抑え、髪をふんわりと仕上げる効果もあります。 ドライシャンプーは、時間がないときや、外出先で髪を洗えないとき、キャンプやフェスなどのアウトドアシーンなど、さまざまなシーンで活躍します。また、ドラッグストアやオンラインショップなどで気軽に購入することができ、価格もリーズナブルです。
介助の技術について

介護職の基礎技術~介助の技術~

介助の技術とは、介護において利用者に必要な動作を補助したり、移乗や排泄などの介助を行うための技術のことです。介護職は、利用者一人ひとりの身体状況や障害の状態に合わせて、適切な介助を行う必要があります。介助の技術は、介護職にとって必須のスキルであり、利用者の安全と自立を支える重要な役割を果たしています。 介助の技術には、基本的な動作介助から、車椅子やベッドへの移乗介助、排泄介助など、さまざまな種類があります。基本的な動作介助とは、利用者が自分でできる動作を補助する技術です。例えば、立ち上がったり、座ったり、歩行したりする際の介助などが挙げられます。移乗介助とは、利用者がベッドから車椅子、車椅子からトイレなど、別の場所に移動する際の介助です。排泄介助とは、利用者の排泄を補助する技術です。 介助の技術を行う際には、利用者の安全を最優先することが大切です。また、利用者のプライバシーや尊厳を尊重し、利用者の意思を尊重しながら介助を行う必要があります。さらに、介助の技術は、利用者の身体状況や障害の状態に合わせて、適切に行うことが大切です。介護職は、利用者の身体状況や障害の状態を把握し、それに応じた介助を行う必要があります。
介護機器について

介護機器「スライドボード」で介助が楽になる

介護機器「スライドボード」は、介護者が高齢者や障害者を移乗させるのを助けるために使用される装置です。 スライドボードは、滑らかな表面を持つ長い板状のボードで、その上に高齢者や障害者を載せて滑らせることで、介護者が介助することができます。 スライドボードは、高齢者や障害者がベッドから車椅子に移乗したり、車椅子からトイレに移乗したりする際に使用されることが多く、介護者の負担を軽減することができます。 また、スライドボードは、高齢者や障害者が自分で移乗する際の補助としても使用することができます。
介助の技術について

介助の技術:側臥位

側臥位は、様々な理由から患者さんにとって有益な体位です。その主なメリットは、以下の通りです。 圧力潰瘍の予防側臥位は、身体の特定の部分への圧力を軽減するのに役立ち、圧力潰瘍が発生するリスクを減少させることができます。これは、身体の重さをより広範囲に分散させることで可能になります。 呼吸の改善側臥位は、肺がより効率的に拡張できるようにすることで、呼吸の改善に役立ちます。これは、身体の上側にある肺がより自由に膨張できるようになるためです。 消化の改善側臥位は、消化の改善にも役立ちます。これは、胃の内容物がより容易に小腸に移動できるようになるためです。 睡眠の改善側臥位は、睡眠の改善にも役立ちます。これは、身体がよりリラックスした状態になり、睡眠を妨げる可能性のある圧力や痛みを軽減できるためです。 患者の快適さの向上側臥位は、患者の快適さの向上にも役立ちます。これは、身体の特定の部分への圧力を軽減し、呼吸、消化、睡眠を改善することで可能になります。 これらのメリットにより、側臥位は、様々な患者さんにとって有益な体位となります。
介護制度について

介護制度の移送サービスとは?

介護制度の移送サービスとは? 移送サービスとは? 移送サービスとは、介護が必要な人や、障害などで移動が困難な人が、病院や介護施設、通院先などに移動するために必要なサービスのことです。 介護保険法に基づいて提供される介護サービスのひとつで、介護保険に加入していれば、一定の要件を満たせば利用することができます。 移送サービスの利用料金は、介護保険の自己負担割合に応じて自己負担額が発生します。 自己負担割合は、介護認定を受けている人の介護度によって異なります。介護度が低いほど自己負担割合は高く、介護度が高いほど自己負担割合は低くなります。
被介護者の状態について

被介護者の状態について『感情失禁』

感情失禁とは、一般的に、感情の制御が困難になり、適切な状況でも不適切な感情の表出をしてしまう状態を指します。感情は、人間の行動や意思決定に大きな影響を与えるため、感情をコントロールすることができないと、社会生活においてさまざまな支障が生じる可能性があります。 感情失禁は、さまざまな原因で起こり得ます。例えば、精神疾患や神経疾患、脳卒中、痴呆症などが挙げられます。また、薬物やアルコールの過剰摂取、ストレスやトラウマなどの心理的要因によっても引き起こされることがあります。 感情失禁の主な症状として、不適切なタイミングや状況で感情を爆発させてしまう、感情を抑えきれずに泣いてしまう、感情がコロコロと変わってしまうなどが挙げられます。また、感情失禁を伴う場合には、衝動的に行動を起こしてしまったり、攻撃的になったりすることもあります。 認知症の人に多くみられる症状であり、怒りや不快感、悲しみなどの感情をコントロールすることができずに、不適切な形で表現してしまう状態を指します。周囲の人間にとっては、感情失禁の言動をどのように受け止めたら良いのか判断に困ることが多く、介護者にとって大きな負担となっています。
介助の技術について

移動支援とは?サービス内容や利用方法を解説

移動支援のサービス内容は、移動の手段や支援方法によって異なります。移動手段には、公共交通機関、タクシー、自家用車、福祉車両などがあります。支援方法には、移動経路の案内、同行支援、介助などがあります。移動経路の案内は、利用者が目的地までの経路を理解できるように地図やパンフレットを提供したり、口頭で説明したりします。同行支援は、利用者が目的地まで一緒に移動することを意味します。介助は、利用者が移動するために必要な身体的支援を意味します。 公共交通機関を利用する場合、移動支援員が利用者にチケットを購入したり、改札を通ったり、電車やバスに乗ったりすることを支援します。タクシーを利用する場合、移動支援員が利用者にタクシーを手配したり、タクシーに乗ったり、目的地まで案内したりします。自家用車を利用する場合、移動支援員が利用者の自家用車を運転したり、利用者を助手席に乗せたりします。福祉車両を利用する場合、移動支援員が利用者を福祉車両に乗せたり、福祉車両を運転したりします。 移動支援を利用するには、まず、市町村の窓口に申請する必要があります。申請には、利用者の障害者手帳や介護認定証、移動支援が必要な理由などを記載した書類が必要です。申請が承認されると、利用者は移動支援事業所と契約を締結し、利用を開始することができます。移動支援の費用は、利用者の負担金と公費で賄われます。利用者の負担金は、利用者が支払う金額です。公費は、国や地方自治体が支払う金額です。
介助の技術について

介助の技術を極める:支持基底面とは?

支持基底面とは介護者が利用者の身体を支えるために利用する接触面のことで、主に介助動作を行う際の安定性と利用者の安全を確保するための重要な要素となります。支持基底面は、介助対象者の体重や身体の大きさ、介助する動作の種類によって決まります。 支持基底面を確保するためには、まず介助者の足の位置が重要です。足は肩幅よりやや広めにして、つま先と膝を曲げて姿勢を低くすると、より安定した支持基底面をとることができます。また、利用者の身体をなるべく介助者の身体に近い位置に保持することで、利用者の重心移動を最小限に抑え、安定した姿勢を維持することができます。 さらに、介助動作を行う際には、利用者の身体をしっかりと支え、介助者が利用者の重さを支えられるようにします。その際、手や腕の力を使いすぎないように注意し、身体の重心を使って体重を支えるようにすると、介助動作を楽に行うことができます。 このように、支持基底面を確保することで、介助動作における安定性と利用者の安全を確保することができます。
介助の技術について

介助で健側を意識することの重要性

健側とは、障害のある(または怪我をした)肢体の反対側の肢体のことです。つまり、右手が不自由な人の健側は左手であり、左足が不自由な人の健側は右足です。介護においては、介助する側のことを健側と呼びます。 介助を行う際には、健側を意識することが重要です。健側が介助動作を主導し、不自由な側を補助するようにすることで、介助される人の身体的負担を軽減することができます。また、健側を意識することで、介助動作をよりスムーズに行うことができ、介助される人の安全を確保することができます。 健側を意識するためには、まず自分の体の構造や動きを理解することが大切です。自分の体を知っていれば、介助される人の体の動きを予測し、それに合わせた介助動作を行うことができます。また、介助動作を行う際には、常に健側を意識して、健側を主導するようにしましょう。不自由な側は、健側を補助する役割を果たします。 健側を意識することで、介助動作をより効果的に行うことができます。介助される人の身体的負担を軽減し、安全を確保するためにも、健側を意識した介助を心がけましょう。
介助の技術について

介助の技術とは『廊下幅員』について

介助の技術とは? 介助とは、身体の不自由な人や高齢者の日常生活をサポートする行為であり、介助者が被介助者の身体を支えたり、移動や動作を補助したりして行われます。介助には様々な技術があり、その中でも「廊下幅員」は、被介助者が安全に移動できるようにするためには欠かせないものです。 廊下幅員とは、廊下や通路の幅のことで、介助を行う際には、被介助者の車椅子や歩行器の幅に加えて、介助者が介助を行うためのスペースが必要になります。一般的には、廊下幅員は90cm以上が望ましいとされていますが、被介助者の状態や介助者の介助技術などによって、必要な幅員は異なります。 介助を行う際には、廊下幅員を十分に確保することが大切です。廊下幅員が狭い場合、被介助者が安全に移動することができず、介助者も介助を行うことが困難になります。また、廊下幅員が狭い場合、被介助者が壁や家具にぶつかって怪我をする可能性もあります。
介助の技術について

介護技術:通院等の乗車や降車介助

通院等の乗車や降車介助 通院等のための乗車又は降車の介護とは 通院等のための乗車又は降車の介護とは、介護保険法に規定されている介護保険サービスのひとつです。通院等のための乗車又は降車の介助は、身体上または精神上の障害により、通院等のための乗車又は降車に支障がある場合に、介護保険に加入している65歳以上の高齢者に対して提供されます。この介護サービスを利用するには、まず、主治医から「介護が必要である」という証明書をもらい、介護保険の申請を行う必要があります。介護保険の申請が認められれば、介護保険の給付を受けることができます。通院等のための乗車又は降車の介護の給付内容は、通院等のための乗車又は降車の介助を行う介護職員の人件費や、通院等のための乗車又は降車に必要な車両の維持管理費などです。通院等のための乗車又は降車の介護は、介護保険の給付対象となる介護サービスであるため、自己負担額は、介護保険の自己負担割合に応じて計算されます。